ユナイテッド、2点差から逆転で3連勝 香川は出場せず

2013年12月26日(Thu)23時49分配信


Tags: , , ,

序盤の立て続けの失点から立て直す
序盤の立て続けの失点から立て直す【写真:goal.com】

プレミアリーグ第18節、ハル・シティ対マンチェスター・ユナイテッドの一戦が26日行われ、アウェーのユナイテッドが3-2の逆転勝利を収めた。ユナイテッドMF香川真司はベンチに入ったが出場せず、リーグ戦4試合連続の出番なしとなった。

アストン・ヴィラ、ウェスト・ハムに連勝し、調子が再び上向きつつあったユナイテッド。年末恒例の過密日程を良い形で乗り切り、上位との差を詰めて新年を迎えたいところだった。

開始4分、いきなりの先制点を奪ったのはホームのハル。右サイドからのCKに対してブルースが競り合ったボールがゴール前に空いたスペースに落ちると、ゴールラインのカバーに入っていたウェルベックがクリアできるかに見えたが、その前に飛び込んだチェスターが素早く蹴り込んで先制点をもたらした。

出鼻をくじかれたユナイテッドはさらに、13分にも守備陣がちぐはぐな対応を見せ2点目を奪われてしまう。ゴール前で混戦となったところから、エヴァンズの中途半端なクリアボールをメイラーがシュート。勢いのないボールだったが、デ・ヘアの目の前で再びエヴァンズが触ってしまったボールは、反応していたデ・ヘアの逆を突く形でゴールに転がり込んだ。

さらに不運の続くユナイテッドは、ラファエウがそけい部を痛めた様子で、早々と交代を強いられてしまう。だがこれが幸運へと転じ、アクシデントで投入されたジャヌザイがさっそく仕事をしてみせた。

バレンシアのパスで右サイドへ抜け出そうとしたジャヌザイが倒され、良い位置でFKを獲得すると、蹴るのはルーニー。ゴール前へ上げた絶妙なボールに中央のスモーリングが高いヘッドで合わせると、マクレガーはまったく動けずゴール左隅にボールが収まった。

これで勢いを取り戻したユナイテッドは、21分にクレバリーの危険なシュートでマクレガーを脅かすと、26分には同点に追いつくことに成功する。ルーニーからの浮き球を受けたウェルベックが落としたボールを、ルーニーがワントラップからそのままボレー。右足のドライブ気味のシュートは左ポストぎりぎりの絶妙なコースに突き刺さり、前半半ば過ぎでスコアは早くも2-2となった。

追いつかれたハルも意気消沈することなく、後半には一進一退の攻防の中からむしろユナイテッド以上に決定的な形でゴールに迫る。サグボ、ハドルストンらの強烈なシュートでデ・ヘアのゴールを襲ったのに続いて、63分にはCKに合わせたブルースのヘディングがクロスバーを叩いたが惜しくもゴールは奪えなかった。

すると、ユナイテッドに意外な形で逆転のゴールが生まれる。右サイドに抜け出したヤングのクロスに対し、チェスターがルーニーの前に入って対応したが、ヘディングで捉えたボールはそのままゴールの中へ。先制点を記録していたチェスターの痛恨のオウンゴールで、ユナイテッドが3-2と勝ち越すことに成功した。

試合をひっくり返されて終盤を迎えたハルは意地を見せ、同点ゴールを目指して猛攻を仕掛ける。87分のグラハムのヘディングやその直後のCKでゴールに迫った後、90分には苛立ったバレンシアがボールを蹴り出して2枚目のイエローカードで退場。数的優位に立ったハルは最後まで攻め続ける。

アディショナルタイムの93分にはチェスターがゴール前に抜け出す決定的な形が訪れたが、デ・ヘアが見事な反応でゴールを許さず。その後もハルの選手たちがユナイテッドのゴール前に殺到したが、最後はブルースのシュートがポスト左に外れてタイムアップを迎えた。

ユナイテッドはこれでリーグ3連勝。暫定的に首位との差をわずか5ポイントにまで縮め、同日の他会場の結果を待つことになった。

Goal.com

新着記事

↑top