ペジェグリーニ、1月のゼコ移籍を否定

2013年12月31日(Tue)12時56分配信


Tags: , , , , ,

「現時点で誰もチームを去ることはない」
「現時点で誰もチームを去ることはない」【写真:goal.com】

マンチェスター・シティのマヌエル・ペジェグリーニ監督が、改めてFWエディン・ゼコの1月の移籍を否定した。指揮官はゼコが非常に重要な選手だと話している。

FWアルバロ・ネグレドが前線に加わった今季、出場機会が減ったゼコは、以前から1月の移籍が噂されている。だが、ペジェグリーニ監督は移籍を完全に否定した。『ESPN』などが同監督のコメントを伝えている。

「ゼコが1月に去る可能性はまったくなかった。彼はチームにおいて非常に重要な選手なんだ。(セルヒオ・)アグエロとネグレドのために、エディンは本人が望むほど試合に出ていない。だが今、我々は不運(アグエロ負傷)に遭い、(ステファン・)ヨベティッチも負傷しているから、ストライカーは2人しかいないんだ」

「どの選手もすべての試合に出ることを望む。だが、それは不可能なんだ。私は彼がハッピーだと思っている。彼は重要な選手であり、オファーはあるかもしれないが、離れることはないよ」

また、シティはMFジャック・ロドウェルにも移籍の噂があるが、ペジェグリーニ監督は「現時点で、誰もチームを去ることはない」とコメント。負傷続きで期待に見合う働きができていないヨベティッチについては、このように述べている。

「(負傷が多い理由を)知ることは難しい。今回が最後のケガとなり、プレーし始められるようになることを願っている。彼は重要な選手なんだ。私はヨベティッチを信じている。前半戦は非常に不運だったが、後半戦が彼にとって非常に良いものとなることを願っているよ。彼は全力を尽くそうとしている」

Goal.com

新着記事

FChan TV

↑top