ラツィオ、ボローニャとドローで連勝逃す

2014年01月12日(Sun)8時19分配信


Tags: , , , ,

パルマは3発快勝と好調
パルマは3発快勝と好調【写真:goal.com】

11日に行われたセリエA第19節、ボローニャ対ラツィオの一戦は、0-0のスコアレスドローに終わった。

レヤ監督の就任初戦となった前節インテル戦で、1-0と白星発進したラツィオ。だが、クローゼも決定機を決められないなど、最後まで得点を挙げられず、バッラルディーニ新監督が就任したボローニャの地で、連勝を飾ることはできなかった。

試合後、レヤ監督は次のように話している。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えた。

「オフ・ザ・ボールの動きがなければ戦えない。守備ではうまくやったが、相手の裏を突くことができなかった。ボールを受け取りに下がっては来るが、裏を狙う動きがないんだ。サイドを使って相手を広げなければいけない。チームはフィジカルの調子が良くなく、終盤はペースダウンした。我々はもっとできるはずだから、トレーニングしなければいけない」

「少し恐れもあった。難しい時期だからだ。だが、私はもっと選手たちに自信を持って本来のプレーをしてほしい。こうやって続けていければ、たくさんの勝ち点を得られるはずだ。ラツィオは何も恐れてはいけない。負けることはあり得るが、戦わなければいけないんだ」

一方で、レヤ監督は1月の補強が必要だとも訴えている。

「何かしらする必要があるだろう。これから話していくよ。会長とはチームを良くするためにすでに同意している」

なお、同日に行われたリヴォルノ対パルマの一戦は、3-0でパルマが快勝した。アマウリの2ゴールなどで勝利したパルマは、暫定で7位に浮上。リヴォルノはニコラ監督の進退が騒がしくなっている。

Goal.com

新着記事

↑top