アンチェロッティ:「ペペは残留するか迷っていた」

2014年01月13日(Mon)7時46分配信


Tags: , , ,

リーガ優勝については「勝ち点100が必要」
リーガ優勝については「勝ち点100が必要」【写真:goal.com】

12日のリーガエスパニョーラ第19節、レアル・マドリーは敵地コルネジャ=エル・プラットでのエスパニョール戦に1-0で勝利した。カルロ・アンチェロッティ監督は試合後、首位バルセロナ、2位アトレティコ・マドリーとの勝ち点差を3に縮めたことに満足感を表した。

スペイン『マルカ』がイタリア人指揮官のコメントを伝えている。

「勝ち点差を縮めることは、この重要な瞬間における目標だった」

「試合には満足している。我々のプレーには安定感があり、最後までゴールを狙い続けた。立ち上がりでもたつき、最初の数分間は苦しんだがね」

一方で、リーガ優勝のためには勝ち点100が必要との見解を示した。

「リーガで起こっていることは、普通ではない。とても強いチームが3つも存在するのだからね。前にも言ったことだが、このリーグを勝ち取るためには勝ち点100が必要となる。我々はそのポイント数の獲得を試みる」

この試合で決勝点を記録したDFペペについては、昨夏に退団する可能性があったことを明かしている。

「彼はマドリーに残留すべきかを迷っていた。だが私からは、このチームにとって重要な選手であることを伝えたよ。我々は彼が残ることを望んでいた」

Goal.com

新着記事

↑top