ライバルの状況、日程、マタの加入がプラスに!? 絶不調のマンU、CL出場権獲得の可能性を占う

今季絶不調のマンチェスター・ユナイテッド。CL出場権が懸かるトップ4入りも危ぶまれている。クラブはチェルシーのマタに巨額オファーを出すなどテコ入れを図っている。果たして、来季のCL出場権を獲得出来るのか。

2014年01月25日(Sat)7時03分配信

text by 山中忍 photo Kazhito Yamada / Kaz Photography
Tags: , , ,

トップ4漏れという衝撃のシナリオ

ライバルの状況、日程、マタの加入がプラスに!? 絶不調のマンU、CL出場権獲得の可能性を占う
デイビッド・モイーズへの監督交代に伴い衝撃のシナリオが…【写真:Kazhito Yamada / Kaz Photography】

 本稿執筆時点のイングランドでは、マンチェスター・ユナイテッドがチェルシーのファン・マタ獲得に動いている。移籍金3700万ポンド(約63億円)を提示しての商談は成立の見込み(編注:24日現在、まだ正式発表はない)。

 今季からのジョゼ・モウリーニョ体制で控えに回ったマタへの高額オファーとはいえ、プレミアリーグの昨季アシスト王の売却に前向きな売り手の姿勢は、買い手が優勝争いのライバルとはみなされていない事実を物語る。

 ユナイテッドは、1月19日のチェルシー戦(1-3)で今季7敗目を記録した。リーグ順位は、首位と14ポイント差の7位。たしかに、アーセナル、マンチェスター・シティ、チェルシーのトップ3による優勝争いに割って入ることは、まず不可能だ。巷ではトップ4さえ危ういと騒がれている。

 サー・アレックス・ファーガソンからデイビッド・モイーズへの監督交代に伴い、プレミアでは3位が過去最低だった昨季王者がトップ4漏れという衝撃のシナリオが、人々の興味をそそるのだろう。

 来季CLへの出場権を逃せば、「株価暴落の被害は現在の約430億円減額どころではない」、「選手は年俸25%カットを強いられる」など、更なる窮状を指摘する声は絶えない。

1 2 3 4

新着記事

↑top