2015年の君たちは――。東京ヴェルディユース、花の92年組を追って:第4回 南部健造・牧野修造(ともに中京大3年)

2014年01月28日(Tue)13時08分配信

シリーズ:2015年の君たちは――。東京ヴェルディユース、花の92年組を追って
text by 海江田哲朗 photo Tetsuro Kaieda , editorial staff
Tags: , , , , , , , ,

「あいつは単位がかなりやばそうですね」

 名前の響きが似ていて、大学も一緒。だが、その共通項以外は、むしろ対照的なふたりに映る。

「昔から修造は周りに可愛がられるタイプ。先輩からいじられ、後輩からは慕われる。おれと違って、人との接し方が上手っすね。プレーの魅力は展開力があるところかな。サイドに散らして、ゲームをつくるのは本当に巧い」(南部)

「健造のいいところはゴールへ向かう姿勢じゃないですか。ボールを渡せば確実にキープしてくれるので助かる。ただ、イライラしているとき、全部自分ひとりでやろうとする。そういうとこ、あります」(牧野)

 それはそうと、学業のほうは順調にこなしているのか。籍を置くのは、ともにスポーツ科学部。特に南部は、大木暁(駒澤大3年)から「(卒業クライシスの)仲間っぽい」と見込まれていた。

「ボンちゃん(大木)よりはちゃんと単位を取ってますよ。余裕しゃくしゃくではないけど、少なくとも仲間ではない(笑)」(南部)

「大丈夫。問題ありません」(牧野)

 と、つれない態度である。そういえば、中京大の後輩には東京ヴェルディユース93年組の元気印、長田海人がいる。相変わらず陽気にやっているのだろうか。

「がんばってますよ。ただ、あいつは単位がかなりやばそうですね。このままだと間違いなくボンちゃんの仲間。しっかりしろと書いといてください」(南部)

 なんとなくそんな気がしていた(失礼)。2010年の夏、東京ヴェルディユースが天皇杯出場の権利を手中にした、東京都サッカートーナメント決勝の横河武蔵野FC戦。大木が右サイドバック、長田が左サイドバックとして両翼を担った。時を経て、そんなところで先輩とのコンビネーションを高めてどうする!

1 2 3 4 5 6

新着記事

↑top