本田不在時に迷走していたザックジャパン。ぶっつけ本番だった長谷部のトップ下起用。「練習はしていない」

ザックジャパンは苦しんでいた。本田が怪我で離脱し、その代役探しは長期間にわたって続いた。長谷部もその一人。なんとW杯3次予選のウズベキスタン戦ではトップ下で起用されたのだった。

2014年01月30日(Thu)11時51分配信

text by 元川悦子 photo Getty Images
Tags: , , ,

過酷な状況だったウズベキスタン戦

本田不在時に迷走していたザックジャパン。ぶっつけ本番だった長谷部のトップ下起用。「練習はしていない」
長谷部誠【写真:Getty Images】

 2011年8月末の本田圭佑の右ひざ半月板損傷によって、トップ下不在になってしまった日本代表。ザッケローニ監督は2014年ブラジルW杯アジア3次予選の初戦・北朝鮮戦で思い切って柏木陽介を抜擢したが、その策は不発に終わった。

 吉田麻也の終了間際の劇的ヘディングシュートで何とか勝ち点3を手に入れたものの、次のゲームは4日後に迫っている。ウズベキスタンのタシケントは移動時間が欧州へ行くくらいかかるうえ、日本とは環境が全く異なる。

 2010年南アフリカW杯出場権を獲得した2009年6月のウズベキスタン戦の際には、内田篤人が試合当日に体調不良を起こして欠場。同行したメディア関係者にも発熱や腹痛を起こす人が続出し、過酷な条件下のゲームには他ならなかった。

 ソウル経由で2日前に現地入りしたザックジャパンに与えられた準備時間はわずか1日。ザック監督もトップ下問題には頭を抱えただろう。自信を失った柏木を使えないとなれば、別の方法を考えるしかない。

 香川真司を真ん中に動かすという方法が最も現実的ではないかと思われたが、当時の指揮官は「香川はデルピエロのように左から中へ切れ込んだ方が相手にとって脅威になる」という考え方を頑なに抱いており、その選択肢はなかった。

 キャプテン・長谷部誠はザックジャパン発足後、最初の大きな壁に直面し、気持ちを奮い立たせていた。

1 2 3 4

新着記事

↑top