「不可解なオブジェ、UFO」。現地紙が本田圭佑を酷評する3つの要因

8日ナポリ戦で招集メンバーから外れた本田圭佑。期待値が高い選手だけに、現地紙では特集が組まれた。そこにあるのはあまりに厳しいものだった。だが、なぜ彼はそこまで評価を下げたのだろう。ガゼッタの文脈から読み解いていく。

2014年02月08日(Sat)20時37分配信

text by 編集部 photo Kazhito Yamada / Kaz Photography
Tags: , , , , , ,

要因①:パフォーマンス「ミサイルのようにスタートしたが…」

20140208_honda_yamakaz
本田圭佑【写真:Kazhito Yamada / Kaz Photography】

 8日付のイタリア最大紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」紙は胃腸炎でナポリ戦の招集メンバーから外れたACミラン本田圭佑の特集を行い、ここまでのチームへの適応具合とパフォーマンスを酷評している。

 紙面の見出しは「本田のミステリー 今日はウィルス、明日は数多くの疑問が」とネガティブなものだった。記事の内容は更に薄暗いものとなる。

 論調は以下のものだ。

本田圭佑は(彼のせいではないが)ミランに数ヶ月遅れて加入してきた。何十人もの記者を引き連れ、何かの野望を持っていた。最近ではイタリアを訪れる記者も減り、新聞の一面の見出しもほとんどなくなった。彼の野望は困難の壁によって打ち砕かれた。

 こんなに高い壁だとは彼も想像していなかった。本田はミサイルのようにスタートした。(デビュー戦の)サッスオーロ戦では小さな悪夢の中にいるミランで、問題を解決できる選手だと思えた。数日後にはイタリア杯のスペツィア戦でゴールを決めたが、その後無名の選手となった。昨日、数日前にはカカがかかった胃腸炎になった。

 大きな期待を寄せ、移籍前から大幅な紙面を割いていた新加入選手を加入わずか1ヶ月で「無名の選手」と断罪してしまうのは、毀誉褒貶激しいイタリアメディアと言わざるを得ない。最近の公式戦で本田は確かにパフォーマンスの低下を露呈していたが、それは戦術面の問題もあるという。

1 2 3 4

新着記事

↑top