「第1回サッカー本大賞」が今週木曜発表! ノミネート作品の魅力とは?

「高品質なサッカー書籍こそが、日本のサッカー文化を豊かにする」というスローガンのもと、来たる2月20日(木)に第1回サッカー本大賞がいよいよ発表される。もっと多くのサッカー関連書籍が世に出て、多くの人に読まれて欲しい…という願いをこめて厳選した今回のサッカー本大賞、栄えある第1回大賞作品(サッカー本大賞/翻訳サッカー本大賞)に輝くのは――。

2014年02月17日(Mon)0時00分配信

text by 編集部
Tags: ,

サッカー本大賞、気になる最終選考の行方

サッカー本大賞_イメ写_DSC_0091
第1回サッカー本大賞最終選考会が行われた

 先週末、東京都内でも27センチの積雪を記録し、45年ぶりの記録的な大雪に見舞われた。その雪もまだ溶けきらない2月10日、選考委員長の佐山一郎氏(作家/編集者)、選考委員の幅允孝氏(ブックディレクター)、速水健朗氏(ライター/編集者)、大武ユキ氏(漫画家)による第1回サッカー本大賞最終選考会が行われた。

 この日、最終選考にノミネートされた8冊は、重厚なノンフィクションから翻訳本、フォトエッセイ、書評本などジャンルもさまざま。選考委員がそれぞれ選んだ本の選考ポイントを語っていく中で、審査は次第に熱を帯びていき、“サッカー本大賞”そのものの意義、ジャンルの異なる作品をどういった視点で評価するか、またノンフィクションとしてのサッカー本の将来像など、多岐に渡る意見が交換された。

 サッカーという共通テーマを通じて、いずれの本にもそれぞれの新たな視点や面白さがあり、2時間に及ぶ最終選考は難航したが、最後は満場一致でサッカー本大賞/翻訳サッカー本大賞が決定。気になる選考の結果は、2月20日(木)に行われる授賞式で発表される予定だ。

 大賞発表に先駆けて、今回は選考委員の推薦コメントとともにサッカー本大賞にノミネートされた8冊を紹介する(タイトル五十音順)。

1 2 3 4

新着記事

FChan TV

↑top