フットボールチャンネル

2014補強診断 10年前

京都サンガ、2014補強診断。戦力はJ1昇格に十分、求められる“勝負強さ”

フットボールチャンネルでは開幕に向けて、J2各クラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。今回は、悲願のJ1昇格をバドゥ新監督とともに目指す京都サンガF.C.を占う。

text by 編集部

老将・バドゥを招聘。攻撃サッカーは継続しながらより高みを目指す

 大木前監督の最終年となった昨季、またしてもプレーオフの壁を乗り越えられずにJ1昇格を逃した。今季は69歳の老将・バドゥ監督を招聘して再び昇格へ向けた挑戦が始まる。

 バドゥ監督も大木前監督と同様に攻撃的スタイルを標榜するため、路線としては継続と言っていい。その中で生まれる微妙なスタイルの変化を消化しながら、より“強さ”のあるチームを目指したい。安藤と染谷が抜けた最終ラインには一抹の不安を残すが、アレッサンドロや大黒を獲得した前線はさらに破壊力を増している。バドゥ式攻撃サッカーでJ2を席巻したい。

2014シーズン 戦力入れ替え

20140222_kyoto

1 2

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!