【W杯・試合採点】ウルグアイ対イングランド(グループD)

2014年06月20日(Fri)10時22分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

ウルグアイ対イングランド 寸評

 グループD、勝ち点0同士のウルグアイとイングランドの一戦は、中盤での潰し合いが激しい一戦になる。特に、イタリア戦を残しているウルグアイは、普段以上に球際で戦い、イングランドを自由にさせない。そのため、お互いにチャンスが多い展開ではなかった。

 しかし、前半39分、第一戦は、怪我で欠場した頼れるエース、スアレスのゴールでウルグアイが先制する。後半に入り、イングランドはチャンスをいくつか演出するが、決めきれない。もどかしい時間帯が続くものの、後半30分、ようやくイングランドのエースが結果を出す。今までワールドカップゴールなしのルーニーが、ジョンソンのクロスをゴールに流し込み、イングランド同点。

 そして、イングランドは、逆転を目指し、攻勢を強めるが、一瞬の隙をつかれる。85分、ジェラードのクリアミスがスアレスに拾われ、そのまま逆転弾を決められてしまう。試合終盤に、地獄にたたき落とされたイングランドは、そのままスコアを動かせず試合終了。
決勝トーナメント進出が、ほぼ絶望的な状況に。

そして、格下コスタリカに破れたウルグアイは、この試合で勝ち点3を手にしたことで、最終戦イタリア戦に、決勝トーナメント進出の可能性を残した。

(文:内藤秀明)

【了】

関連リンク

Fチャンワールドカップ2014ブラジル大会特設ページ
【ダイジェスト動画】スアレスの2ゴールでウルグアイがイングランドを下す
遠藤保仁、W杯を語る。日本サッカーが手にした知性
ザ・キングファーザー
サッカー好きほど知らない戦術の常識
世界のサッカー応援スタイル
【DVD】みてわかるブラジル体操
【DVD】ヴァモス!ブラジル体操

1 2 3

新着記事

FChan TV

↑top