【W杯・試合採点】ベルギー対ロシア(グループH)

2014年06月23日(Mon)8時24分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

ベルギー対ロシア 寸評

 グループH、ベルギー対ロシアの一戦は、ベルギーペースで試合は始まる。特に、メルテンスのドリブルがキレているのもあり、右サイドからの突破が多い。しかし、ロシアも最後の最後で集中力を切らさずに守り、カウンターで得点を目指した。ただ、両チーム決めきれないまま、前半を折り返す。

 後半は、ベルギーの運動量が減り、ロシアが主導権を握るシーンもあった。しかし、ミララスの惜しいFKでベルギーは息を吹き返すと、後半43分にエースが仕事をする。カウンターの場面で、アザールは、左サイドでボールを受けるとドリブルを開始。ロシアのイグナシェビッチをあっさりかわすと、そのままボックス内に侵入する。

そして、ゴール前に待ち構えるオリギにパスを送ると、この若いストライカーは落ち着いて、ボールをゴール上部に蹴り込んだ。このゴールが決勝点になり、ベルギーは1-0で勝利。勝負強く、勝ち点3を積み上げ、決勝トーナメント進出を決めた。

(文:内藤秀明)

【了】

関連リンク

ベルギーが終了間際の得点でロシアに1-0で勝利
Fチャンワールドカップ2014ブラジル大会特設ページ
遠藤保仁、W杯を語る。日本サッカーが手にした知性
ザ・キングファーザー
サッカー好きほど知らない戦術の常識
世界のサッカー応援スタイル
【DVD】みてわかるブラジル体操
【DVD】ヴァモス!ブラジル体操

1 2 3

新着記事

↑top