【W杯・試合採点】ギリシャ対コートジボワール(グループC)

2014年06月25日(Wed)14時01分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

ギリシャ対コートジボワール 寸評

 グループC、最終戦、ギリシャ対コートジボワールの一戦は、立ち上がりはお互いスピードが上がらない、スローな展開になる。ただ、コートジボワールが徐々に、エンジンがかかりはじめると、攻めるコートジボワール、守るギリシャという構図がピッチに描かれ始める。しかも、ギリシャは前半のうちに、キーパーのカルネジスと、中盤のコネが負傷で交代するという不運もあり、やや不利な展開に。

 それでも、先制点を決めたのはギリシャだった。前半42分、コートジボワールのティオテのミスを突き、交代選手のサマリスがゴール。ギリシャが有利な展開になる。

 後半に入っても攻めるのはコートジボワール。対してギリシャはカウンターで、点差を広げようと試みる。ただ、結局、次にスコアを動かしたのは、優勢なコートジボワールだった。後半29分、交代選手のボニーのゴールで同点。コートジボワールが追いつく。

 このまま、同点で終われば、コートジボワールの勝ち抜けが決まるのだが、アディッショナルタイムのドラマが起こる。逃げ切りのために、投入されたシオが、サマラスを倒してPK献上。それをサマラスが決めて、ギリシャが逆転に成功する。試合はそのまま終了し、ギリシャは劇的な勝ち越し弾で、コートジボワールに勝利。決勝トーナメント進出を決めた。

(文:内藤秀明)

【了】

関連リンク

Fチャンワールドカップ2014ブラジル大会特設ページ
遠藤保仁、W杯を語る。日本サッカーが手にした知性
ザ・キングファーザー
サッカー好きほど知らない戦術の常識
世界のサッカー応援スタイル
【DVD】みてわかるブラジル体操
【DVD】ヴァモス!ブラジル体操

1 2 3

新着記事

↑top