【W杯・試合採点】コスタリカ対イングランド(グループD)

2014年06月25日(Wed)11時24分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

20140625_navaz_getty
ケイラー・ナバス【写真:Getty Images】

GK 1 ケイラー・ナバス 8点
 飛び出しが素晴らしく、最終ラインのミスをことごとく救った。マン・オブ・ザ・マッチ。

DF 3 ジャンカルロ・ゴンサレス 5.5点
 自分がマッチアップの選手を見失い、ピンチを招くシーンも。また、既にイエローをもらっている状態で、二枚目をもらってもおかしくないファールを犯すなど、やや軽卒なプレーが多かった。

DF 6 オスカル・ドゥアルテ 6点
 基本的にいい潰しが多かった。しかし、審判によっては、PKをとられてもおかしくない、微妙なタックルをボックス内で犯した。

DF 15 ジュニオール・ディアス 6.5点
 一度抜かれても、粘り強くついていくデフェンスを披露。最後まで集中して、左サイドを守った。

DF 16 クリスティアン・ガンボア 5.5点
 縦にはやいが、攻撃面で決定機を演出することはできなかった。また、この日は守備がやや不安定。

DF 19 ロイ・ミリェル 6点
 低い位置でパスミスするなど、不注意なプレーもあったが、それ以外は、潰しで奮闘。インターセプトも何度か成功した。

MF 5 セルソ・ボルヘス 6.5点
 フリーキックから惜しいシュートを放つ。また、中盤でハードワークし、時にはボックス内にまで飛び込んでいった。

MF 17 ジェルツィン・テヘダ 6.5点
 何度もボールをさわり、パスを繋ぎ、コスタリカのリズムを作った。

FW 9 ジョエル・キャンベル 6点
 ボールを失わず、ルイスといいリズムでパスをまわすが、相手のペナルティボックスを攻略しきれず。

FW 10 ブライアン・ルイス 6.5点
 ボールのキープ力が際立っていて、前線でよいタメになっていた。何度か、決定機を演出したが、得点に繋がらず。

FW 14 ランダル・ブレネス 5.5点
 良い裏への抜け出しは何度かあったが、イングランドの守備陣に止められた。

交代選手

MF 7 クリスティアン・ボラーニョス 5.5点
 ドリブルで仕掛けるが、対面するジョーンズに止められた

MF 11 マイケル・バランテス 6点
 独特なタイミングで縦パスをいれ、いいアクセントになっていた。

FW 21 マルコ・ウレーニャ 5.5点
 裏に抜け出すも、シュートまでもっていけず。

1 2 3

新着記事

↑top