【W杯・試合採点】ドイツ対ブラジル(準決勝)

2014年07月09日(水)10時25分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , ,

ブラジル代表の採点

GK 12 ジュリオ・セーザル 5.5点
 ドイツの攻撃をストップできず。

DF 4 ダビド・ルイス 5点
 1失点目、マッチアップしていたミュラーのマークを簡単に離してしまった。5失点目、無謀なボールカットを狙って失敗、穴をつくった。そして、7失点目、攻め上がった後、戻らず。杜撰な守備だった。

DF 6 マルセロ 5点
 2失点目、ミュラーに対する対応を誤る。3失点目、クロスに対する対応が甘い。唯一の得点をアシストとはいえ、褒められるパフォーマンスではない。

DF 13 ダンテ 5.5点
 2失点目、マルセロと連携をとれなかった上、また抜きパスを通される。その他にも、微妙な対応が何度も。

DF 23 マイコン 5点
 3失点目、完全にボールウォチャーになり、クロースをフリーにした。5失点目、誰についているのかわからない、微妙なポジショニング。攻守共に、貢献できず。

MF 5 フェルナンジーニョ 5点
 2失点目、インターセプトをミスして、穴を作った。4失点目、低い位置でボールを失い、失点に直結。昨季、マンチェスター・シティで披露していた素晴らしいパフォーマンスを考えれば、衝撃の内容。

MF 11 オスカル 6点
 6失点目、守備意識が低く、失点の一因に。ただ、なんとか、状況を打開しようと奮闘し、1点返した。

MF 17 ルイス・グスタボ 5.5点
 中盤の底で守備に奮闘するも、実らず。

FW 7 フッキ 5点
 攻撃では、突破できずボールを失い、守備もしない。酷いパフォーマンス。

FW 9 フレッジ 5点
 前線で起点になれず。

FW 20 ベルナルド 5点
 後半になって、プレー強度が落ちてから、ようやくボールに触れるようになっていたが、それでは遅過ぎた。

交代選手

MF 8 パウリーニョ 6点
 ボックス内でシュートを放つが、阻まれた。以下の二人にも同じことが言えるが、そもそも事実上、勝敗が決してからの投入だったので、どうしようもなかった。

MF 16 ラミレス 5.5点
 得点を狙うも、ブロックされた。

MF 19 ウィリアン 6点
 何度か決定機を演出した。

1 2 3

新着記事

↑top