不機嫌なグアルディオラ「我々はフェア・プレーをリスペクトしている」

2014年08月09日(Sat)9時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

不機嫌なグアルディオラ「我々はフェア・プレーをリスペクトしている」
ジョゼップ・グアルディオラ監督【写真:Getty Images】

 7日バイエルン・ミュンヘンはアメリカ、ポートランドでMLSオールスターズとテストマッチを行い、1-2で敗れた。試合の後、バイエルンの監督ペップ・グアルディオラはひどく不機嫌だったという。我々が知っている気さくなペップ・グアルディオラは全く見受けられなかった、として8日付の独大衆紙ビルトが報じている。

 ビルト紙によればペップは、バイエルンの選手たちだけではなく、敵のラフな試合運びにも怒り、不機嫌な様子だったという。ペップは次のように話した。

「我々はフェア・プレーをリスペクトしていたが、相手はそうではなかった」

 ペップは試合終了の笛が鳴った後で、MLSオールスターズの監督キャレブ・ポーターに手を差し出さず、そのためにネットの中はひどい荒れ模様だという。後にバイエルンの指揮官はこう述べた。

「私は彼(ポーター監督)を見なかった。私は、私の選手たちと、相手の選手たちに手を差し出した」

 同紙にはFWシャキリがハードなスライディングタックルを受け、ペップがポーター監督に詰め寄る写真も掲載されている。

 また同じく7日にはミュンヘンにて新たに加入予定のGKペペ・レイナが4時間のメディカルチェックに臨んだ。ビルト紙によれば、スペイン人のGKは8日、3年契約にサインする。

【了】

関連リンク

ペップの狂気 妥協なき理想主義が生むフットボールの究極形
サッカー好きほど知らない戦術の常識
グアルディオラが受け継いだ戦術フィロソフィー
ドイツが独自に試みる「判断力」アプローチ
なぜドイツでは点取り屋が生まれるのか?

新着記事

↑top