波乱続出の天皇杯。横浜FMは限定ユニ発送前に敗退、予約したファンは困惑

8月20日に行われた天皇杯3回戦では、J1勢が次々とJ2勢に敗れる波乱が続出した。J1リーグで首位の浦和レッズと、2位の川崎フロンターレがそろって敗退。そのほかにも横浜F・マリノス、アルビレックス新潟は延長戦の末に、柏レイソルはPK戦で敗退が決定した。

2014年08月21日(Thu)12時04分配信

text by 編集部 photo Asuka Kudo / Football Channel
Tags: , , , , ,

波乱続出の天皇杯。横浜FMは限定ユニ発送前に敗退、予約したファンは困惑
横浜F・マリノスはギラヴァンツ北九州に決勝弾を決められ敗退【写真:工藤明日香 / フットボールチャンネル】

 8月20日に行われた天皇杯3回戦では、J1勢が次々とJ2勢に敗れる波乱が続出した。J1リーグで首位の浦和レッズと、2位の川崎フロンターレがそろって敗退。そのほかにも横浜F・マリノス、アルビレックス新潟は延長戦の末に、柏レイソルはPK戦で敗退が決定した。

 なかでもゴタゴタが目立ったのは、前大会の覇者・横浜F・マリノスかもしれない。一部報道で伝えられたように、FWラフィーニャの登録問題が試合前日に発覚。未遂に終わったとはいえ、プロクラブらしからぬ確認ミスはサッカーファンの間でも話題になった。

 主力を温存して臨んだ試合では、J2のギラヴァンツ北九州相手に大苦戦。後半に2-2に追いつかれると、延長後半ロスタイムに決勝弾を許す、痛恨の敗戦。公式サイトのサポーターが選ぶマンオブザマッチ投票では、ベンチ入りしたものの出場機会のなかった中村俊輔が2位に選出されるという皮肉ぶりだった。

 そして極めつけは、天皇杯ユニフォームの発送だ。

 今年4月、天皇杯優勝マークをついた2014年度版の特別ユニフォームをサポーター向けに販売していたが、生産上の理由から発送は9月上旬とのアナウンスがなされていたのである。だが、チームは8月で敗退。つまり、2014年モデルの天皇杯ユニフォームをサポーターに届ける前に、前大会の覇者の戦いは終了してしまったのだ。

 これにはサポーターも

「せっかく天皇杯ユニ予約したのに」
「天皇杯ユニのお渡し前にオワタ」
「キャンセルとか出来ないんですかね?」

 などと、ネット上では悲喜こもごもだった。

 現在リーグ戦も11位と低迷。クラブ全体が噛み合っていない状態を象徴するかのように、横浜F・マリノスの、天皇杯連覇の夢はあえなくついえた。

【了】

関連リンク

横浜F・マリノス 王者への航路
アイシテルニイガタ アルビレックス新潟
先駆者からのメッセージ 世界的プレーヤーになるための秘訣
一流フットボーラーがリアルに語る「個」の戦術論
サッカー好きほど知らない戦術の常識

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく

Comments

comments

新着記事

FChan TV

↑top