「ダメチーム」から「ドリームチーム」へ。イブラ不在のPSG、今季不調もバルサ撃破で一気に格上げ

チャンピオンズリーグ・グループステージ第2節、PSGはホームでバルセロナを3-2で破った。リーグ戦は低調なスタートとなり、ズラタン・イブラヒモビッチも負傷離脱というなかでの金星に地元でも驚きの声が上がっている。

2014年10月02日(Thu)11時11分配信

text by 小川由紀子 photo Yukiko Ogawa
Tags: , , , , , , , , , ,

試合前、地元メディアはネガティブ一辺倒も

 フットボールの世界では、しばしば意外なことが起こるものだが、チャンピオンズリーグ第2節で、PSGが3-2でバルセロナを下した試合もまた、人々の予想を裏切るものだった。

 今季それまで1失点も許していなかった鉄壁ディフェンスのバルセロナに対し、PSGは、開幕から8戦で3勝5分。

 おまけに、降格圏内にいるエビアンのようなチームに0-0とノーゴールで引き分ける体たらくで、さらにラベッシとイブラヒモビッチという攻撃2枚看板が怪我で欠場という不運も重なり、試合前の仏メディアの論調は「今のPSGにバルセロナのゴールを破るのは無理!」というネガティブ一辺倒だった。

 ところが、である。

 開幕10分に、ダビド・ルイスがルーカスの蹴ったFKを流し込んで先制点を挙げると、これがチームに火をつけた。

 直後にメッシにあっさり1点を返されるのだが、27分に「ベラッティがヘディング」という、出どころもスタイルも珍しいゴールが決まってPSGがふたたびリードを奪い、理想的な形で後半戦に突入した。

「ダメチーム」から「ドリームチーム」へ。イブラ不在のPSG、今季不調もバルサ撃破で一気に格上げ
試合後の会見でもローラン・ブラン監督のこの喜びよう【写真:Yukiko Ogawa】

 すると後半54分、何度か突破の機会があった右サイドから、ファン・デル・ヴィールが上がって横クロス。これにファーポストの外側から飛びこんだマテュイディが合わせて3点目をゲット。

「どうしちゃったんだ、パリ?」というくらい出来過ぎなゴールラッシュでリードを広げ、またしても直後にネイマールに1点を返されるも、3-2で逃げ切ったのだった。

 ブラン監督は、終了のホイッスルを聞くと、両手でガッツポーズ。その後ピッチに進み出て、選手ひとりひとりを労った。

1 2 3 4

新着記事

↑top