西川、約4ヵ月ぶり代表キャップでの無失点に「いい緊張感の中で試合が出来た」

2014年10月11日(Sat)6時30分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

20141011_nishikawa_getty
正GK奪取へ意欲を見せたGK西川周作【写真:Getty Images】

 日本代表は10日、新潟デンカビッグスワンスタジアムでジャマイカ代表と対戦して1-0と勝利を収めた。

 GK西川周作(浦和レッズ)は、ブラジルW杯直前の6月7日に米国で行われたザンビア戦以来の先発となったが「何も出来なかったザンビア戦が一番悔しい試合。その悔しさがあってやれている部分がある」と振り返った。

 この試合では、ほとんどの時間が日本の攻撃だったため、GKとして相手のシュートに対応する場面が少なかったが「そういう試合の怖さはJリーグで経験している。集中を切らしたら一発があるっていうのは常に思いながら、自分の中でいい緊張感の中で試合が出来た」と90分間、気を引き締めていたことを語った。

 結果は1-0と攻撃陣には消化不良だったものの、無失点で終えただけに「チャンスが来た時に結果を残せるように準備を怠らずやっていければ、結果は必ず得られると思うので、引き続き準備をしていきたい」と正GK奪取へ意欲を見せた。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

フットボール批評issue01 アギーレを殺すのは誰か?
ザックジャパンの軌跡 蒼き戦士たちの躍進とブラジルでの敗北、そして未来
タイトルという形で恩返しを
柿谷曜一朗のサッカースーパーテクニックバイブル
遠藤保仁、W杯を語る。日本サッカーが手にした知性
鹿島アントラーズ サッカー王国のつくりかた
前セレッソ大阪監督『レヴィ―・クルピ』名伯楽が初めて明かす「若き才能の磨き方」
フットボールチャンネル03 代表23人が語る 敗北の真実
サッカー日本代表 きゃらぺた エンブレムVer.
小林悠(川崎フロンターレ)小学生時代に培った技術が自分の武器を伸ばす
FC東京が本当に強くなるための覚悟

新着記事

↑top