ドイツ代表に初選出のカリム・ベララビ「一緒に国歌を歌うつもりだ」

2014年10月11日(Sat)15時38分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

ドイツ代表に初選出のカリム・ベララビ「一緒に国歌を歌うつもりだ」
カリム・ベララビ【写真:Getty Images】

 開幕戦でブンデスリーガ史上最速ゴールを決めるなど、所属先のレバークーゼンで好調を維持してドイツ代表に初選出されたカリム・ベララビが、自身の心境を語った。10日付の独大衆紙『ビルト』に、同紙のベララビへの短いインタビューが掲載されている。

「カリム・ベララビ(24)はドイツ代表デビューの前に立っている」として、ビルト紙は「彼の父親はモロッコ人なので、レバークーゼンの攻撃のスターはまたモロッコ代表のためにもプレーすることが出来た」と記した。

 まず、なぜドイツ代表を選ぶという決断を下したのですか? というビルト紙の質問に対して、ベララビは次のように答えた。

「そのことに関しては何度も深く考え込んだし、家族を交えて何度も話し合ったよ。最終的には心で決めた。母はドイツ人で、僕はドイツで生まれた。そして僕の全ての人生はもう長くここにある。モロッコを同じくらい愛しているとしても、ドイツは僕の故郷だ」

 また、ドイツ国歌を歌いますか? という質問に対してベララビは「僕はドイツ代表チームでプレーする。自分の役割をドイツ代表の成果のために貢献したい。歌うつもりだよ」と答えている。

 そして、左腕のアームバンドについて尋ねられると、ベララビはこう語った。

「シーズンが始まる前に母が掛けてくれたものだ。家にいるときに、ごく自然にね。それからというもの、1度たりとも取り外していない。初めて腕にくっついてから、これまで多くの幸運を僕にもたらしてくれたよ」

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

ペップの狂気 妥協なき理想主義が生むフットボールの究極形
サッカー好きほど知らない戦術の常識
グアルディオラが受け継いだ戦術フィロソフィー
ドイツが独自に試みる「個」へのアプローチ「ライフキネティック」理論とは何か?
一流フットボーラーがリアルに語る「個」の戦術論

新着記事

FChan TV

↑top