クライフ氏、EURO予選3試合で2敗のオランダ代表監督を擁護

2014年10月21日(火)8時59分配信

photo Getty Images
タグ: , , ,

20140822_yohan_getty
ヨハン・クライフ氏がオランダ代表のフース・ヒディング監督を擁護【写真:Getty Images】

 ドイツ紙『WAZ』は、20日にオランダ紙『デ・テレグラフ』のコラムでヨハン・クライフ氏がオランダ代表のフース・ヒディング監督を擁護していると報じた。

 オランダ代表は、EURO2016予選3試合を終えて1勝2敗で3位。ヒディング監督は、オランダ国内で批判を浴びている。

 しかし同紙によれば、オランダの伝説的存在であるクライフ氏がコラム内で、監督だけの責任ではないと自分の考えを述べたという。

 苦戦を強いられているオランダ代表に対し「代表監督に責任を負わせるのではなく、問題を解決する方が先決だ」と、クライフ氏。この問題は、代表だけでなくオランダ国内の問題と捉えている様子。

 さらに同氏は、選手のトレーニング、そして育成についてもっと改善するべきと主張。代表に限らず、クラブチームに言えることだと警告している。

 ブラジルW杯で3位となったオランダだが、メンバーのほとんどは国外で活躍している。EURO2016予選でも、自動的に本戦へ進める2位との勝ち点差は6となり、もう敗戦は許されない。この状況を打破するには、国内のレベルアップが必要だとクライフ氏は考えているようだ。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

新着記事

↑top