圧倒的に攻め込んだドルトムント、相手のオウンゴールで8戦ぶりのリーグ戦勝利。香川も要所でキレ見せる

2014年11月10日(月)3時24分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , ,

ようやく連敗ストップ。浮上のきっかけとなるか

20141110_kagawa_getty
日本代表MF香川真司【写真:Getty Images】

 ドイツ・ブンデスリーガの14-15シーズン第11節が行われ、日本代表MF香川真司が所属するボルシア・ドルトムントは、ホームでボルシア・メンヘングラードバッハと対戦した。ドルトムントの香川はトップ下でスタメン出場を果たしている。

 5連敗中とリーグ戦の泥沼から抜け出せないドルトムント。対するボルシアMGは未だ無敗で3位と好調。明暗がはっきり分かれているが、ドルトムントは欠場が噂されたヴァイデンフェラーとロイスがスタメンに名を連ねている。

 ドルトムントは前からプレスをかけ、高い位置で奪おうとする。9分、相手のパスをムヒタリアンがカットすると、右サイドから持ち込み折り返す。これをロイスが右足でシュートを放つも相手GKに弾かれポストに直撃した。

 15分にはロイスがFKを狙うもGKの正面。28分にはPA内で香川がボールを受けるもシュートは打てず。

 37分には右サイドを走り込んだムヒタリアンが狙うも、わずかにクロスバーの上を超えた。45分にはオーバメヤンがFKを狙うもGKにセーブされる。

 圧倒的に攻めたドルトムントだが、得点を奪うことはできず、前半は0-0で折り返した。

 58分、思わぬ形からドルトムントが先制する。ボルシアMGが自陣でパスを回していると、ボールを受けたクラマーの浮き球のバックパスがGKの頭を越えて無人のネットに吸い込まれていった。

 攻めに攻めたドルトムントは、オウンゴールという意外な形でリードを奪った。

 73分、ドルトムントは香川に代えてグロスクロイツを投入。

 得点を奪うため前がかりになったボルシアMGを尻目に、ドルトムントはカウンターを仕掛けチャンスを作っていった。

 多くのシュートを放ちながら、奪った得点はオウンゴールによる1点だった。それでも8試合ぶりの勝ち点3を手にしたことに変わりはない。ドルトムントとしては、この勝利を浮上のきっかけとしたいところだ。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

新着記事

↑top