海外リーグはブンデスに1300万ユーロの借金がある?! トルコ、イタリアは多額の移籍金未払い

2014年11月16日(Sun)11時30分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

海外リーグはブンデスに1300万ユーロの借金がある?! トルコ、イタリアは多額の移籍金未払い
シャルケ時代の移籍金が未だ支払われていないラフィーニャ【写真:Getty Images】

 海外のクラブは移籍金の未払いなどでブンデスリーガに1300万ユーロ(約18億2000万円)の借金があるという。15日のドイツ紙『ズーディッシェ・ツァイトゥング』が報告している。

 同紙の報告によれば、約30の未払いが起きており、最も多いのはイタリアとトルコだという。

 一例として、現在バイエルン・ミュンヘンに所属するDFラフィーニャは、2010年にシャルケからイタリアのジェノアへ移籍した。その際の移籍金のうち470万ユーロ(約6億5800万円)が未払いとのこと。

 シャルケの広報担当トーマス・シュピーゲル氏は、同紙に「ジェノアは2回目の支払いを拒否している」と、明かしている。そして「この移籍はフィリックス・マガトの時に行われたもので15%の遅延利息が発生する」と、話した。

 つまり、370万ユーロ(約5億1800万円)の分割金に100万ユーロ(約1億4000万円)の利息がかかるようだ。

 FIFAはシャルケ側の要求を受け、10月8日から90日以内に支払いを命じている。支払いに応じない場合は降格または、勝ち点の減点の処分が下される。

 この多発する未払いの事態に、ドイツサッカー協会(DFB)とブンデスリーガ(DFL)は、支払いに応じるよう、さらに圧力をかける意向を示している。

 DFLのアンドレアス・レティヒCEOは「各クラブの抱える100万ユーロ(約1億4000万円)を超える損失を諦めるわけにはいかない」と、同紙に述べている。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

サッカー好きほど知らない戦術の常識
一流フットボーラーがリアルに語る「個」の戦術論

新着記事

↑top