求められる「インテリスモ」。監督交代のインテル、マッザーリ解任の2つの理由とマンチーニに課せられた責任

長友佑都が所属するインテルが監督交代に踏み切った。ワルテル・マッザーリは14年の監督キャリアで初となる解任。後任には、かつてクラブを栄光に導いたロベルト・マンチーニが帰還した。

2014年11月16日(Sun)11時00分配信

text by チェーザレ・ポレンギ photo Getty Images
Tags: , , , , ,

インターナショナルマッチウィーク中に解任

20141104_waruteru_getty
インターナショナルマッチウィーク中にインテルのワルテル・マッザーリが解任された【写真:Getty Images】

 2014年はイタリアサッカーにおけるトップクラブ3つで合計4回も監督が交代するという異例な年だった。しかもそれらすべてが劇的な交代だったことも印象的だ。

 1月にミランのマッシミリアーノ・アッレグリが解任されたのは、セリエA昇格1年目のサッスオーロに4-3で敗れた直後だった。しかもその試合は本田圭佑のミランデビュー戦で、サッスオーロのドメニコ・ベラルディに一人で4ゴールを決められたのを憶えている人も多いはずだ。

 そして古巣の危機にレジェンドであるクラレンス・セードルフが現役生活に終止符を打ってまで駆けつけたが、監督経験のない彼にチームを崩壊から救うだけの力はなく、就任からわずか5ヶ月後にあえなく解任となった。

 王者ユベントスはプレシーズンキャンプが始まって2日後に指揮官を失った。アントニオ・コンテはその直後にイタリア代表の監督に就任するが、この“人事異動”を予想していた人がどれだけいただろうか。コンテの後任には1月にミランで職を失ったアッレグリが収まり、いまのところ問題なくチームを操縦している。

 そして今回、インターナショナルマッチウィーク中にインテルのワルテル・マッザーリが解任された。彼が契約途中で解任されるのは14年の監督キャリアで初めてのことだ。

 後任にはかつてインテルを率いてリーグ3連覇を達成し(最初の優勝はカルチョポリの陰で運よくこぼれてきたものだが)、黄金期の礎を築いたロベルト・マンチーニが就任した。

1 2 3 4

新着記事

↑top