フットボールチャンネルが選ぶ2014年ベスト30。34歳にして新境地を開拓したガンバのキャプテン、遠藤保仁(1位)

2014年、J1で印象に残った選手は誰だろうか。フットボールチャンネルでは植田路生(同サイト編集長)、チェーザレ・ポレンギ(同サイトマネージングエディター)、森哲也(フットボール批評編集長)、川口昌寿(フットボールサミット編集長)、ほか編集部による投票を実施し、ベスト30を選出した。1位はガンバ大阪の遠藤保仁が選ばれた。

2014年12月28日(Sun)11時00分配信

text by 下薗昌記 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

不言実行の頼れるキャプテン

20141225_endo_getty
今季ガンバで三冠を達成し、自身も初のMVPに輝いた遠藤保仁【写真:Getty Images】

「キャプテンとして特別なことは何もしていない」

 自分の胸の内を軽々しく明かそうとはしない遠藤ではあるが、その言葉が本心ではないことは、プレーを見れば明らかだ。

「ヤットさんが体を張っているのを見れば、チーム全員が頑張ろうという刺激を受ける」。背番号7が泥臭く体を投げ出す姿を、後方で見続けてきた丹羽の言葉はチーム全体の思いと言っても過言ではあるまい。

 歴代最多を更新する11回目のベストイレブンと、キャリア初のMVPに選出された遠藤は今季、紛れもない「守備の人」だった。全盛期のようにボール支配とパスでの崩しにさほど重きを置かない今季のスタイルでも、メッセージ性を込めたパスや、必殺のプレースキックは輝きを見せたが、今季の背番号7は守備でも随所に違いを見せた。

 宇佐美を欠いた開幕当初は、昨年同様FWなど前線での起用が続いたが、中断明け後はボランチとして今野とともにバイタルエリアに君臨。かつては橋本や明神ら専守防衛のパートナーを脇に従えていたこともあり、攻撃に専念出来た遠藤ではあったが、今季は「ヤットさんと僕は役割を決めていない」と今野は語る。

 本能の赴くままに相手の攻撃の芽を摘む今野を絶妙のバランス感覚でサポートしながら、危険地帯で体を張ったり、スペースを埋めるキャプテンは、確実に最終ライン前の「防波堤」だった。

 マイペースな背番号7が今季の節目となる試合を前にしばしば、口にしたのは自身がこだわる楽しいサッカーへの未練ではなく「勝ち点3を獲るために全力でハードワークする」というシンプルな一言だ。

 そのプレースタイルだけでなく、キャプテンとしての役割もまさに「ヤット流」。不言実行の34歳は、まさに新境地を開いてみせた。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

史上最強のガンバ大阪へ
眼・術・戦 ヤット流ゲームメイクの極意

新着記事

FChan TV

↑top