下薗昌記

1971年大阪市生まれ。サンパウロ州スポーツ記者協会員。Jornalista esportivo 大阪外国語大学でポルトガル語専攻。朝日新聞記者を経てブラジルに移住し永住権取得。現地取材を含め年150試合は南米サッカーを観る。日テレG+では南米サッカーの解説も。サンパウロFCを愛する。「エルゴラッソ」ガンバ大阪担当。

ネイマール

王国ブラジルが目指すは優勝のみ。4年前は自国開催も1-7惨敗で敗退、今こそ屈辱の払拭へ【ロシアW杯全32チーム紹介】

6月14日に開幕する2018FIFAワールドカップロシア。グループリーグの組み合わせも決定し、本大会に向けて期待感は高まるばかりだ。4年に一度開催されるサッカーの祭典には各大陸予選を勝ち抜いた32チームが参加する。フットボールチャンネルでは、その全チームを紹介していきたい。今回はグループEのブラジル代表を取り上げる。(文:下薗昌記)

宮本恒靖

宮本恒靖が断言、W杯の成功を左右する重大要素。「半分以上の重要性がある」環境整備

ガンバ大阪の宮本恒靖U-23監督は2002年日韓大会、2006年ドイツ大会で主将を務めただけでなく、2014年のブラジル大会ではFIFAテクニカル・スタディ・グループとして分析に携わった。過去の経験を基に、元主将が考える成功へのアプローチとは何か。11月6日に発売された『フットボール批評issue18』に掲載のインタビューの中から、その一端を紹介する。(取材・文:下薗昌記)

井手口陽介

井手口陽介を育んだG大阪の「生きた教科書」たち。怪物の「種」を開花させた国際舞台の経験

先月31日、日本代表は来年ロシアで開催されるW杯への切符を勝ち取った。宿敵・オーストラリアとの一戦で6大会連続となるW杯出場権獲得を大きく手繰り寄せるゴールを決めたのは、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の大抜てきに応えた井手口陽介だった。急激に台頭する21歳はいかにして育まれたのか。ガンバ大阪の番記者として長く井手口を見守ってきた記者が紐解く。(取材・文:下薗昌記)

二川孝広

功労者・二川孝広の突然の移籍。困惑するファン、葛藤したG大阪、そして決断した背番号10

6月末、G大阪のレジェントである二川孝広の東京ヴェルディへの移籍が発表された。出場機会は減っていたものの、功労者である二川の移籍はファンに大きな衝撃を与えた。アカデミー出身で、天才的なパスセンスでファンを魅了してきた背番号10は突如クラブを去った背景には何があるのか?(取材・文:下薗昌記)

宇佐美貴史

G大阪、「宇佐美ロス」への懸念。エース流出の備えあるも、新たな補強が明暗左右か

2016年夏、ガンバ大阪からアウグスブルクへの完全移籍が決まった宇佐美貴史。2013年に復帰以降チームを牽引し続けたエースが再び海を渡ることになった。チームとして調子の上がらない状況下でのエース流出となったが、J屈指の強豪クラブはこの苦難をどう乗り越えるか。(取材・文:下薗昌記)

藤春廣輝

なぜ藤春廣輝だったのか?リオ五輪OA内定、G大阪番記者が見たクラブの内情と“地獄の組”を戦うためのタフさ

リオ五輪サッカー男子代表のOA枠の1人にガンバ大阪の藤春廣輝が内定した。A代表でも実績のある選手だが、果たしてこの人選は最適なものなのか? ブラジルに精通するガンバ番記者が分析するとともに、クラブの内情にも迫る。(取材・文:下薗昌記【大阪】)

遠藤保仁

司令塔・遠藤保仁に学ぶ“プロ”の哲学

ガンバ大阪を支える遠藤保仁も今年でプロ19年目。その遠藤が考える“プロ”とはどんなものなのか。今回は『ジュニアサッカーを応援しよう!Vol.40』から遠藤の言葉を一部抜粋して紹介する。(文:下薗昌記)

20160109_ade2_getty

【番記者の視点】G大阪、アデミウソン獲得の舞台裏。移籍の理由、シティは関与した?……真相に迫る

G大阪がアデミウソンを獲得した。昨季マリノスでプレーしたブラジル人FWの移籍はあまりに唐突で大きな話題を呼んだ。果たしてどのような舞台裏があったのか。移籍をスクープした番記者が真相に迫る。

宇佐美貴史はどこまで進化するのか? 覚醒した天才。ガンバのエースが辿り着いた新境地

宇佐美貴史はどこまで進化するのか? 覚醒した天才。ガンバのエースが辿り着いた新境地

リーグ戦6試合で7得点。ガンバ大阪の宇佐美貴史が止まらない。日本復帰すぐに才能の片鱗は見せていたが、以前のような脆さはなく飛躍的な進化を遂げている。天才はどこまで進化するのか? ガンバ番記者が迫る。

20141225_endo_getty

フットボールチャンネルが選ぶ2014年ベスト30。34歳にして新境地を開拓したガンバのキャプテン、遠藤保仁(1位)

2014年、J1で印象に残った選手は誰だろうか。フットボールチャンネルでは植田路生(同サイト編集長)、チェーザレ・ポレンギ(同サイトマネージングエディター)、森哲也(フットボール批評編集長)、川口昌寿(フットボールサミット編集長)、ほか編集部による投票を実施し、ベスト30を選出した。1位はガンバ大阪の遠藤保仁が選ばれた。

20141224_higashiguchi_getty

フットボールチャンネルが選ぶ2014年ベスト30。日本一のGKへ―。大阪の雄が誇る“守護神”東口順昭(3位)

2014年、J1で印象に残った選手は誰だろうか。フットボールチャンネルでは植田路生(同サイト編集長)、チェーザレ・ポレンギ(同サイトマネージングエディター)、森哲也(フットボール批評編集長)、川口昌寿(フットボールサミット編集長)、ほか編集部による投票を実施し、ベスト30を選出した。3位はガンバ大阪の東口順昭が選ばれた。

20141224_usami_getty

フットボールチャンネルが選ぶ2014年ベスト30。ガンバに三冠をもたらしたエース、宇佐美貴史(4位)

2014年、J1で印象に残った選手は誰だろうか。フットボールチャンネルでは植田路生(同サイト編集長)、チェーザレ・ポレンギ(同サイトマネージングエディター)、森哲也(フットボール批評編集長)、川口昌寿(フットボールサミット編集長)、ほか編集部による投票を実施し、ベスト30を選出した。4位はガンバ大阪の宇佐美貴史が選ばれた。

J2降格から三冠達成、花開いた「長谷川改革」。“西野流”とは異なるガンバが手にした強さ

J2降格から三冠達成、花開いた「長谷川改革」。“西野流”とは異なるガンバが手にした強さ

J2からの昇格1年目で三冠を達成した大阪の雄、ガンバ大阪。指揮官である長谷川健太監督は、いかにしてこのチームを作り上げてきたのか。「長谷川改革」に迫る。

首位浮上も不変のルーティン。泰然自若と引き締め役。2人のベテランが支えるG大阪に慢心なし

首位浮上も不変のルーティン。泰然自若と引き締め役。2人のベテランが支えるG大阪に慢心なし

ついにガンバ大阪が首位に浮上した。すでにナビスコカップは制し、天皇杯も決勝に進出。“昇格即3冠”も目前に迫ってきたが、油断も慢心もない。そこには、泰然自若のキャプテンと引き締め役を担う2人のベテランの存在があった。

20140116_usami1_kd

攻撃陣好調もかつてとは違うスタイル。一時は降格圏のガンバ、宇佐美の復帰だけでないV字回復の理由

J1に返り咲いた今シーズン、序盤戦苦しんだガンバ大阪が復調の兆しを見せ始めている。宇佐美貴史の復帰は大きな要素だが、それだけではない。果たしてV字回復の要因はどこにあるのか?

新着記事

↑top