首位浮上も不変のルーティン。泰然自若と引き締め役。2人のベテランが支えるG大阪に慢心なし

ついにガンバ大阪が首位に浮上した。すでにナビスコカップは制し、天皇杯も決勝に進出。“昇格即3冠”も目前に迫ってきたが、油断も慢心もない。そこには、泰然自若のキャプテンと引き締め役を担う2人のベテランの存在があった。

2014年12月03日(Wed)11時04分配信

text by 下薗昌記 photo Asuka Kudo / Football Channel
Tags: , , , , , , , ,

選手に全幅の信頼を置く長谷川監督

首位浮上も不変のルーティン。泰然自若と引き締め役。2人のベテランが支えるG大阪に慢心なし
勝っても負けても自らのルーティンを崩さない長谷川健太監督【写真:工藤明日香 / フットボールチャンネル】

 今季33試合目のリーグ戦を終え、初めて首位に浮上したガンバ大阪。オフ明けの2日、吹田市内のクラブ練習場に見られた変化はクラブのメディアルームに入り切らないほど詰めかけた報道陣の数だけだった。

 今シーズン一番の冷え込みを見せた晴天のもと、長谷川健太監督は「ウチを取り巻く環境は変わったけど、勝たなければいけないという状況は何も変わらない。うちがやることは勝つしかない。自分たちのサッカーにこだわってやっていこう」と選手たちに呼びかけた。

 ナビスコカップで監督としては初のビッグタイトルを手にし、前夜には歓喜の美酒に浸りながらも、翌日には早くも決勝の映像を再確認するなど、勝っても負けても自らのルーティンを崩さない指揮官だけに、今季初の首位浮上にも全く浮かれる気配はなし。

「16位からここまで来たチームなので今更、選手たちに気の緩みはない。皆、気合いが入っている」と選手たちに全幅の信頼を置いていた。

 昇格一年目にしての三冠獲得という前代未聞の偉業に騒ぎ立っているのはむしろ、メディアの方のみで選手たちは実にクールにとらえている。

 ガンバ大阪でのタイトル獲得には並々ならぬ意欲を燃やしてきたはずの今野泰幸は「昇格即三冠という事で騒がれるのは、僕はちょっと違うと思う。ガンバはもともとJ1にいたチームだし、昇格即三冠が凄いというよりは、三冠が凄いだけ」

1 2 3

新着記事

FChan TV

↑top