Home » フットボール批評オンライン » ガンバ大阪、ポヤトスにとって何が誤算だったのか。5連敗&最下位転落でも、巻き返しの兆しは確かにあった

ガンバ大阪、ポヤトスにとって何が誤算だったのか。5連敗&最下位転落でも、巻き返しの兆しは確かにあった

2023年12月16日(土)6時00分配信

シリーズ:フットボール批評オンライン
text by 下薗昌記 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , ,

フットボール批評オンライン特集記事

スペイン人のダニエル・ポヤトス監督を招聘し、2023シーズンの明治安田生命J1リーグを戦ったガンバ大阪は16位に低迷。ホーム最終戦ではクラブに向けサポーターから厳しいブーイングが浴びせられた。新たなサッカーを求めたガンバの決断は間違いだったのか。今シーズンの総括を前後編に分けてお届けする。今回は後編から一部抜粋。(取材・文:下薗昌記)



ダニエル・ポヤトス監督の誤算


【写真:Getty Images】

 スペイン語で「インサイドハーフ」を意味するインテリオールを託された宇佐美貴史は開幕戦こそ、らしい一撃でゴールを奪ったものの「2桁得点を狙っていきたいし、アシストや得点の2つ前、3つ前の起点とか自分のところから派生していくようにしたいし、プラスアルファ僕のところでも点を取れるようにしたい」という意気込みもむなしく、攻撃面で本来の輝きを見せきれず。中盤に不可欠な守備の強度にも課題を見せ、シーズンを通じて低調だったのも、ダニエル・ポヤトス監督にとっての誤算だったはずだ。

【今シーズンのJリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】[PR]


 そして、「エストレーモ・プーロ(生粋のウイング)」が台頭してこない現状もあって、チームは5月20日の横浜F・マリノス戦で実に28年ぶりとなるリーグ戦5連敗を喫し、最下位に転落する。試合前には一部ゴール裏のサポーターが応援をボイコット。一部サポーターと話し合った宇佐美は涙を流し「絶対に見捨てない、と言ってもらった。それはすごくありがたい言葉でした」と殊勝に振り返ったが、0対2で敗れたこの一戦にその後の巻き返しの予兆が現れていた。

 宇佐美が先発したこの一戦でウイングで起用されたのはベテランの倉田秋。ファン・アラーノとともに高い位置からプレスを敢行しただけでなく、純然たるウイングの役割ではなく、より中央のポジションでプレーし始めたことが、チームの歯車を噛み合わせたのだ。

 敗戦後にもかかわらず、最後尾からチームを見る守護神、東口順昭はこんな「予言」を口にした。

(取材・文:下薗昌記)

【関連記事】
J1要チェック! J2で輝く若き逸材10人。Jリーグ“個人昇格”の候補者たちは…
最高額Jリーガーは誰だ!? Jリーグ市場価値ランキング1~10位【2023年最新版】
日本代表に推薦! J1リーグ全18クラブから1人ずつ選出!

【了】

新着記事

↑top