フットボールチャンネル

日本代表 3か月前

サッカー日本代表に推薦! J1リーグ全18クラブから1人ずつ選出! 日の丸に近いJリーグ各クラブの中心選手たち

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

サッカー日本代表 最新ニュース

 明治安田生命Jリーグは2023シーズンの全日程を終えてオフシーズンに入った。来年の元日にはサッカー日本代表の国際親善試合が控えているが、メンバーに入るJリーガーは何人いるのだろうか。今回は、J1全18クラブ(2023シーズン)から1人ずつ、代表候補になり得る選手を推薦する。※代表に定着している選手は対象外とし、ポジションバランスを考慮して選出している。


ゴールキーパー

アルビレックス新潟GK小島亨介
【写真:Getty Images】

小島亨介(アルビレックス新潟)
生年月日:1997年1月30日(26歳)
2023リーグ戦成績:30試合34失点


【AFC アジアカップは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】[PR]


 日本代表のGKは大迫敬介と鈴木彩艶を軸に起用されている。そこに10月に途中離脱となった前川黛也とその代わりに追加招集された小島亨介など、国内組が候補に名を連ねる。11月は前川が招集されたが、Jリーグでのパフォーマンスを見る限り、小島にも引けを取らない魅力がある。

 最大の武器はアルビレックス新潟のスタイルを支える高いビルドアップ能力で、精度の高いショートパスを駆使して最後方でパスの受けどころとなっている。さらに目覚ましいのはシュートストップの技術だ。ペナルティーエリアにおけるセーブパンチ成功率が35.8%でリーグ最高となっており、何度も新潟のピンチを救ってきた。

 直近のリーグ戦でベンチ入りした中村航輔など、海外組にも候補者は多い。絶対的な地位を確立するまでに至った選手はいないだけに、小島にもチャンスはあるはずだ。

1 2 3 4 5

KANZENからのお知らせ

scroll top