ブラジルメディアが見た日本。大会前の期待に応えず厳しい評価。「余りにも稚拙なPKを犯した」今野に最低点

サブ組主体のコロンビアに1-4と完敗した日本。ブラジルメディアからは厳しい評価を下された。とはいえ、論調は日本を批判するよりもコロンビアを評価するものが目立った。

2014年06月26日(Thu)12時31分配信

text by 下薗昌記 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

もっと日本は戦えると思っていた。フィジカルで負け、CBは脆すぎた

ブラジルメディアが見た日本。大会前の期待に応えず厳しい評価。「余りにも稚拙なPKを犯した」今野に最低点
ハメス・ロドリゲス【写真:Getty Images】

 コロンビアに敗れ、2敗1分けという惨敗に終わった日本代表。1対4という完敗に対して、ブラジルメディアからは厳しい評価が下された。

 まず最初に、ブラジル大会に挑む日本代表の下馬評は決して低いものではなかった。サッカー専門誌「プラカール」や最大のスポーツ紙「ランセ」が大会前に発刊したガイドブックで日本はコートジボワールと並んで2位争いに食い込む、と評価されていたのだ。

〈彼の名はハメス・ロドリゲス〉(ランセ紙)。日本戦に1ベージを割いたランセ紙を含めて、ブラジル各紙の多くが見出しにとったのが後半から投入されたコロンビアの背番号10ロドリゲスだった。

「もっと日本は戦えると思っていただけに、今大会の結果は残念だよ。ただ、1対1のフィジカルコンタクトで負けることが多かったし、CBは脆すぎた」と批判するジャーナリストもいるが、ブラジル各紙の論調は日本の戦いぶりを批判するよりは、コロンビアを評価するものが目立っている。

 ただ、選手個々に対する採点は極めてシビアだ。ランセ紙はMOMが7.5点のロドリゲスと2得点のジャクソン・マルティネス。これに対して日本は先制点につながるPKを与えた今野が両チーム最低の2.5。吉田と内田も3.0と低評価だった。

 特に今野については「余りにも稚拙なPKを犯した」と高級紙エスタード・デ・サンパウロが論じるなど各媒体ともに厳しい点をつけていた。

 一方でほぼ全媒体で高得点を獲得したのが岡崎のゴールをアシストした本田で、プラカール誌とスポーツサイト、ガゼッタ・エスポルチーバはいずれもチーム最高の6.5。ランセ紙も6点を与えている。

1 2

新着記事

FChan TV

↑top