レアル監督、逆転勝利もプレーに不満「前半は気に入らなかった」

2015年01月25日(日)11時00分配信

photo Getty Images
タグ: , , , ,

20150124_anche_getty
カルロ・アンチェロッティ監督【写真:Getty Images】

 リーガエスパニョーラの第20節が現地時間24日に行われ、レアル・マドリーはアウェイでコルドバと対戦して2-1で逆転勝利を収めた。カルロ・アンチェロッティ監督は試合後、記者会見でチームのプレーに不満を見せた。

 88分にPKを得たことによって逆転できたマドリーだが、現地では今季最悪の試合とも言われている。アンチェロッティ監督も前半に関しては「気に入らなかった。時には怒りもした」と、自己批判した。

 逆転する数分前、暴力行為によって退場となったFWクリスティアーノ・ロナウドについては「見ていないからそれに対して言及できない」と語った。

 また、退団も噂されているMFアシエル・イジャラメンディを後半に投入したことについては「中盤の右はスペースがあり過ぎたからクロースを前に動かす為にイジャラを入れた」と、自身の判断を説明した。

 この日のピッチはベストコンディションではなかったが、それでも2得点を奪っている。アンチェロッティ監督は「ショートパスでプレーするのは簡単ではなかったから、セットプレーを上手く活用した」と述べた。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

サッカー好きほど知らない戦術の常識
一流フットボーラーがリアルに語る「個」の戦術論

新着記事

↑top