Home » サッカー最新ニュース » 終盤巻き返されたことに憤るアッレグリ。ガルシアはチームのリアクションに満足

終盤巻き返されたことに憤るアッレグリ。ガルシアはチームのリアクションに満足

2015年03月03日(火)9時04分配信

photo Getty Images
タグ: , , , ,

終盤巻き返されたことに憤るアッレグリ。ガルシアはチームのリアクションに満足
終盤巻き返されたことに怒るマッシミリアーノ・アッレグリ監督【写真:Getty Images】

 セリエA第25節が現地時間の2日行われ、ユベントスはアウェイでローマと1-1の引き分けに終わった。

 ユベントス指揮官のマッシミリアーノ・アッレグリ監督は、終盤にローマに巻き返されたことに起こっている。イタリアTV局『スカイ・スポーツ』が報じた。

 試合後のインタビューで同監督は「我々は怒っている。もう少しで負けるところだった」と語っている。

「70分までのチームのパフォーマンスには満足しているよ。失点のない素晴らしいゲームを展開していた。その後、我々は止まってしまった」

 一方ローマの指揮官ルディ・ガルシア監督はチームのパフォーマンスに満足しているようだ。試合後のインタビューで次のように語っている。

「チームにとって少しネガティブなことが起こったあとは、普通はリスクを回避したがり、自信なくプレーするものだ。しかし、ローマのリアクションは並外れたものだったね。1人少ない状態で引き分けに持ち込んだことはチームが生きていることを示してくれた」

 この結果、首位ユベントスと2位ローマの勝点差は変わらず「9」のまま。次節ユベントスはホームでサッスオーロと、ローマはアウェイでキエーボとそれぞれ対戦する。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

新着記事

↑top