ミラン在籍16年、遠藤友則。ビッグクラブを支え、スター選手に愛された知られざる日本人メディカルトレーナーの軌跡

2015年03月16日(Mon)15時20分配信

text by 小松孝 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

過去の栄光も現在の苦境も知る唯一の日本人

「イタリア語だって、まったくしゃべれませんでしたし」と、入団当初のことを振り返りながら、「でも、ここで最高のシーズンを最高の選手たちと過ごせたことは、本当に幸せでした」と目を細めるように、遠藤がトップチームのトレーナーになった2002/03シーズンからの5シーズンで、ミランは、スクデット(セリエA優勝)をはじめ、ビッグイヤー(欧州チャンピオンズリーグ優勝)やトヨタカップ(現FCWC)制覇など、取れるタイトルを総なめにした。

 だが、現在のミランは周知の如く、ベルルスコーニの娘バルバラ女史とアドリアーノ・ガッリアーニの確執が取り沙汰されるなど、フロントが一枚岩にならないだけでなく、欧州サッカー連盟によるファイナンシャルフェアプレーが選手の獲得をはじめ、それまでのクラブ経営のあり方に大きな影響を及ぼすなど、内憂外患の状態が続いている。

 ミランが誕生してから116年。長い目で見れば、現在の勝てない状況も歴史のなかのひとつの通過点にすぎないのかもしれない。

 そうしたなか、16シーズンという長きにわたってミランに籍を置いて来た遠藤は、ミランはもとより、欧州サッカーの『祇園精舎の鐘の声』を聞き続けてきた唯一の日本人ではなかろうか。

【了】

ミランの手

[block]1[/block]
定価1728円

ACミランメディカルトレーナー遠藤友則

第1章 トレーナー遠藤友則
第2章 その国の形
第3章 日本の蹴球からイタリアカルチョへ
第4章 山あり谷ありの海外経験
第5章 勝利への黄金律
第6章 適者生存

詳細はこちらから

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

本田に生きる道はあるか?

1 2 3 4

新着記事

↑top