ハリル監督、次も勝利を目指す「モチベーションをキープすることで新しい日本が生まれる」

2015年03月27日(Fri)23時42分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

20150327_haril2_getty
ヴァイッド・ハリルホジッチ監督【写真:Getty Images】

【日本 2-0 チュニジア 国際親善試合】

 日本代表は27日、大分でチュニジア代表と対戦し、岡崎慎司と本田圭佑のゴールで勝利を収めた。

 試合後、記者会見に臨んだヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「非常に満足しています。本当にいい試合をしたと思います」と振り返った。

 本田圭佑、香川真司といったこれまでの主力がベンチスタートとなったが、指揮官は「彼らのクオリティはすでに知っているので、他の選手に機会を与えたかった」と説明。「スタートから勇気とやる気を見せてくれた。彼らにブラボーと言いたい」と、選手たちを称えた。

 この日からの改善点については「ボールを奪った後のゲーム支配にまだ満足していない」と話す。具体的には「奪ってから最初のところで短いパスを使いすぎ。もっと長いパスで狙いたい」と語った。それでも「今回は選手たちが要求をやろうとしてくれたので、それをキープしてほしい。素晴らしい試合をしたと言いたい」と改めて選手たちを称賛した。

 次のウズベキスタン戦は「また違うメンバーで臨もうと思っています」とハリルホジッチ監督。多くの選手に出場機会を与え、監督自身の目で確かめたいという。

「恐らくほぼ全員がチャンスを握れると思います。まだ誰がプレーするかは決めてませんけど、今日プレーしなかったほとんどの選手が出場する。リスクはあると思いますけど、色々なプレーヤーの情報がほしい」

 ただ、勝利を目指すことに変わりはない。「この考え方、モチベーションをキープすることで新しい日本が生まれる」と、指揮官は日本代表の可能性を確信しているようだ。

「それが日本代表にとって、日本の国民の皆さんにとって良い道になると思っている。世界で何がハイレベルかということを私は知っています。それを選手たちに伝えたい」と今後に向けての抱負を語った。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top