インテル、ローマなど10クラブがFFP違反で制裁。日本人所属の2クラブも

2015年05月09日(Sat)18時44分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

20150509_ffp_getty
FFP違反で制裁を受けたインテル【写真:Getty Images】

 UEFAは現地時間8日、フィナンシャルフェアプレー(FFP)で違反を犯した10クラブに対して制裁を科すことを発表した。

 違反とされたのは、ローマとDF長友佑都の所属するインテル(共にイタリア)、FW田中順也の所属するスポルティング・リスボン(ポルトガル)、モナコ(フランス)、ロコモティフ・モスクワ、FKロストフ、FKクラスノダール(以上ロシア)、カルデミル・カラビュックスポル、ベジクタシュ(共にトルコ)、CSAKソフィア(ブルガリア)の10クラブ。

 各クラブは、それぞれ罰金とUEFA主催大会でのメンバー登録を25人から22人に制限の処罰を科せられる。

 ただしインテルを含む4クラブは21人の制限とし、翌シーズンに22人となる。

 これらのクラブは、2015-16シーズンでFFPに違反がない場合に限り、3年後に処分が解除されることとなっている。

【了】

Comments

comments

新着記事

FChan TV

↑top