ハリル流白熱教室! 選手とともに汗流す指揮官、代表合宿に込められた意図とは?

日本代表は1日、11日の親善試合イラク戦と16日のW杯二次予選シンガポール戦に向けたメンバーを発表した。Jリーグが佳境を迎えている中、一足先に長谷部誠や吉田麻也ら海外組が国内合宿をスタートさせた。この合宿には、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が込める思いが強く見て取れた。

2015年06月08日(Mon)13時00分配信

text by 河治良幸 photo Getty Images
Tags: , , ,

海外組中心となったここまでの代表合宿

ハリル流白熱教室! 選手とともに汗流す指揮官、代表合宿に込められた意図とは?
代表合宿に合流した長谷部誠【写真:Getty Images】

 海外組のための7日間の合宿を終えた日本代表は、いよいよ国内組が合流して11日のイラク戦、16日のW杯二次予選シンガポール戦に向けた全体合宿がスタートする。

 この7日間をおさらいすると、まずハートレートを使ったランニングメニューで選手の心拍数をチェックし、その後のトレーニングによって体力とコンディションを引き上げること。技術や判断にフォーカスした練習メニューでディテールの重要性を意識させることを目的としていた。

 初日から長谷部誠、川島永嗣、吉田麻也、清武弘嗣、原口元気、酒井宏樹、酒井高徳、大迫勇也の8人が参加。そこから3日目に岡崎慎司と長友佑都、5日目に本田圭佑と香川真司が合流し、うまくグループ分けしながらメニューを消化していった。

 初日組は木曜日の午後がメディカルチェック、日曜日の午後が休養に当てられたが、午前と午後を合わせ1週間で13回の練習は最大2時間におよんだが間延びが少なく、非常に集中力の高いトレーニングだった。

 フィジカルからテクニカルまで様々なメニューが行われたが、興味深かったのが木曜午前と金曜午後のシチュエーションを想定した3対3、4対4の練習だ。木曜午前は途中合流の長友と岡崎がランニングメニューをこなしていたため、GK川島を入れた8人、金曜午後は2人が入り10人で行った。

 木曜午前の3対3のメニューは以下の通りだ。

【1】ボランチ的なパサー、守備側にGKを付けたゴール前の3対3
【2】サイドから縦にえぐってのクロス、守備側にGKを付けたゴール前の3対3

1 2 3 4

新着記事

↑top