なでしこジャパン、準決勝進出! 岩渕のゴールで豪州を下す

2015年06月28日(Sun)6時51分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

20150628_nadeshiko_getty
なでしこジャパンが準決勝進出を決めた【写真:Getty Images】

【なでしこジャパン 1-0 オーストラリア代表 カナダ女子W杯準々決勝】

 カナダ女子W杯を戦うなでしこジャパンは現地時間27日、準々決勝でオーストラリア代表と対戦した。

 なでしこジャパンのスタメンは、オランダ戦と全く同じ11人。キャプテンはもちろん宮間あやが務める。

 序盤はシンプルに前線へボールを送り、そこへ大儀見優季と大野忍が絡んでいく。また相手のプレスが緩いため、パスもスムーズに繋がっている。8分、フィードに抜け出した大野忍がループ気味に狙うも枠を外れた。

 オーストラリアはサイモンとデ・バンナがキープレーヤー。12分、サイモンに抜け出されるも、岩清水梓が素早く寄せてスライディングでブロックした。

 選手同士の距離感が良いなでしこジャパンは22分、カウンターから右サイドの川澄奈穂美へボールが渡る。クロスに大野が合わせるも決められない。27分、岩清水が相手を倒しイエローカードを受ける。

 その後、オーストラリアが速い攻めを見せる中、33分、宮間が右足でミドルシュートを放つも相手GKの攻守に阻まれる。さらに、これで得たCKを岩清水がフリーでヘッドもブロックされた。

 後半もなでしこジャパンのボールが目立つ。しかし54分、阪口夢穂が中盤でボールを失うと、そのままフィニッシュに持ち込まれる。。

 なでしこジャパンは59分、川澄のタメからオーバーラップした有吉佐織が折り返す。これを宮間がヒールで狙うも決められない。後半に入ってから、右サイドバックの有吉が積極的な攻撃参加を見せるようになった。

 オーストラリアにも疲れの色が見える中、なでしこジャパンは72分、大野に代えて岩渕真奈を投入する。85分、川澄のクロスに大儀見がボレーを放つもわずかに外れる。

 そして、ようやくなでしこジャパンが均衡を破る。87分、CKのこぼれを岩清水が詰め、最後は岩渕が押し込んでネットを揺らした。得点を期待された岩渕が結果を残した。

 その後、澤穂希を投入し試合を締めたなでしこジャパン。オーストラリアを1-0で下し、ベスト4進出を決めた。

【得点者】
87分 1-0 岩渕真奈(なでしこジャパン)

【了】

新着記事

↑top