日本対中国。大会未勝利で終了。東アジア相手の2分け1敗には危機感も…遠藤や武藤の新戦力は今後へプラス材料【どこよりも早い採点】

8月9日、日本対中国の一戦が行われ1-1で引き分け。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

2015年08月09日(Sun)23時04分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

東アジアカップ勝ち星なし

採点
東アジアカップ第3戦、中国戦のパフォーマンスはどうだったのか【写真:Getty Images】

【日本 1-1 中国 EAFF東アジアカップ2015第3戦】

東口順昭 5.5 ハイボール処理には持ち前の安定感を発揮もフィードの精度は課題。代表定着にはよりハイレベルなプレーが必要。
槙野智章 6 後半には気持ちのこもったプレーでチームを引き締めた。森重とともにCBコンビは大会を通して成長した。
森重真人 6 ビルドアップでの存在感を発揮。守備でも安定したプレーを見せ、3試合で回を追うごとに改善を見せた。
丹羽大輝 5 本職のCBではなく右SBとしてのプレーだったものの、相手に走り負けるなど不満の残る内容。
米倉恒貴 6 不慣れな左SBで序盤は戸惑いを見せるも、貴重な同点ゴールをアシストするなどスピードは通用。攻守で奮闘した。
遠藤航 6 早い寄せでボールを奪取するなど中盤の守備で貢献。複数ポジションで高いポテンシャルを発揮し代表定着へ大きく前進か。
山口蛍 6 守備では相手にプレッシャーを与え、攻撃では時折鋭いパスを送るなど攻守で存在感を発揮。試合を重ねるごとにパフォーマンスを上げた。
武藤雄樹 6.5 Jリーグでの好調そのままに代表先発2試合で2得点。ハリルホジッチ監督にも強烈なインパクトを与えたはず。
永井謙佑 5 前半は相変わらず存在感なし。後半には若干挽回したものの、今大会を通してスピードだけでは国際レベルで通用しないことを証明してしまった。
宇佐美貴史 5 立ち上がりには積極的な姿勢を垣間見せたものの、後半は存在感なし。大会を通してチームをけん引する存在にはなれず評価ダウンか。
川又堅碁 4 センターFWとして相手の脅威となる存在になれず。消極的なバックパスで期待はずれ。

興梠慎三 5 途中出場で存在感を示せず。まだまだ代表チームにフィットすることができていない印象。
柴崎岳 5 途中出場でチームに落ち着きをもたらしたものの、大会を通して期待されたほどのパフォーマンスを見せるには至らなかった。
浅野拓磨 - 出場時間短く採点不可。

ハリルホジッチ監督 5 2分け1敗で未勝利のまま大会を終了。あくまで新戦力のテストとはいえ、それは対戦相手も同様。東アジアのライバルに勝てなかったのは課題。とはいえ、遠藤や武藤といった新たな戦力をチェックできたことはプラス材料か。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top

        プッシュ通知で最新情報をお届けします

        通知許可ポップが表示されたら
        許可ボタンを押してください

        • 後で
        • 最新情報を受け取る