MF武藤、今大会2ゴールも「チームを勝たせることができず悔しい」

2015年08月10日(Mon)1時02分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

20150810_muto_getty
武藤雄樹【写真:Getty Images】

【日本 1-1 中国 EAFF東アジアカップ2015第3戦】

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は9日、EAFF東アジアカップ2015の最終戦で中国と対戦し、1-1の引き分けに終わった。

 1点ビハインドで迎えた41分、左からの速いクロスに走り込みネットを揺らした武藤雄樹。初戦の北朝鮮戦でも同じような形から先制点を奪っている。

「自分の良さは出たと思いますし、レッズで良くやっている形だった。それをここでも出せて良かった。そこまで繋いでくれたみんなに感謝したい」

 今大会2得点を挙げるなど、今後に期待を抱かせるパフォーマンスを披露した。武藤は「ゴールを決めるという目標を持ってやっていた」というが、しっかり結果を残した。

 だが「内容を見るとミスが多かった。もっともっと出来るという思いがある」と満足はしていない。さらに「チームを勝たせることができなかったのは悔しく思っている」と、点取り屋としての責任感も口にした。

 また、試合後にはヴァイッド・ハリルホジッチ監督から「他に3点取れるチャンスあったぞと言われた」という。「そこで決めきれないところがまだまだ」と武藤も反省を口にしたが、指揮官の発破を糧にさらに成長したいところ。

 初めての代表だったが、「自分でもできるという手応えは得ている」と自信をつかんだ様子。今後も招集されるよう「チームに帰って結果を出したい」と意欲を示した。

【了】

新着記事

↑top