森本の古巣カターニア、八百長で3部降格が決定。今季は勝ち点マイナス12からスタート

2015年08月20日(Thu)18時14分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

20150820_catania_getty
八百長により3部へ降格したカターニア【写真:Getty Images】

 イタリアサッカー連盟(FIGC)は20日、セリエBのカターニアが八百長によりレガ・プロ(3部相当)への降格処分を科したことを発表した。

 伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、カターニアは降格を避けるために6試合で八百長が行われたとされている。昨シーズンの最終的な順位は15位に終わり、降格を免れる形となっていた。

 2014/15シーズンの順位を自動的に最下位とされ、今シーズンは勝ち点12マイナスされた状態から始まることになる。

 また、レガ・プロのサヴォナとテラーモも八百長が発覚し、セリエD(4部相当)に降格することもFIGCから発表された。

 カターニアには元日本代表FW森本貴幸が在籍した経験があり、日本でも馴染みのあるクラブである。シーズン前から大きなペナルティを受けたことで、2部へ返り咲くのは厳しい道のりとなりそうだ。

【了】

新着記事

↑top