【現地レポート】「俺かよ…」岡崎、劇的逆転勝利も前半で交代の理由とは。本人が語る競争への覚悟

プレミアリーグ第5節、レスターは0-2から3得点を挙げてアストン・ビラに劇的な逆転勝利。しかし、先発した岡崎慎司は前半の45分でネイサン・ダイアーと交代。チーム内での厳しいポジション争いの渦中にあるが、本人はその状況を歓迎するとともに覚悟を語った。

2015年09月14日(Mon)16時59分配信

text by Kozo Matsuzawa / 松澤浩三 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

「こんな試合になるとは思っていなかった」

【現地レポート】「俺かよ…」岡崎、劇的逆転勝利も前半で交代の理由とは。本人が語る競争への覚悟
試合を振り返った日本代表FW岡崎慎司【写真:Getty Images】

「岡崎慎司は前半45分で退いて、その後レスターは劇的な逆転勝利を挙げた」
 
 これだけを読むと、せっかちなイングランドメディアからは早くも岡崎不要論が飛び出しそうだが、逆転勝利はあくまで結果論だ。

 少なくとも、岡崎の交代は直接的な要因ではなかった。その証拠に、後半27分にレスターの最初のゴールが生まれるまでは、会場を訪れていたファンやチーム関係者でさえも、この日のアストン・ビラ戦では「勝利はない」と諦めムードになっていた。

 岡崎も「こんな試合になるとは思っていなかった。0-2になったら『もう終わりかぁ』と思った。こんな展開になるとは!」と驚きの表情を見せた。

 前半45分間は、序盤の10分間を除いて、すべてにおいてアストン・ビラが上回っていた。そして39分には、コーナーキックのクリアにもたつくレスター守備陣を突いて、ジャック・グレイリッシュのファインゴールにより先制される。

 だが前半終了時点でまだ0-1。試合を追いかける展開で、岡崎の交代があったのは意外だったが、自身は「最初の立ち上がりはメチャメチャ良かったと思うんですけど、そこからチームとともにしぼんでいったかな」と振り返った。

1 2 3 4

新着記事

↑top