MVP受賞の鹿島MF小笠原、黄金世代の絆語る「刺激し合っていけるような関係でいたい」

2015年10月31日(Sat)23時01分配信

photo Dan Orlowitz
Tags: , , , , ,

MVP受賞の鹿島MF小笠原、黄金世代の絆語る「刺激し合っていけるような関係でいたい」
小笠原満男【写真:ダン・オロウィッツ】

 ヤマザキナビスコカップ決勝が31日に行われ、鹿島アントラーズが3-0でガンバ大阪を破って3年ぶり6度目の優勝を果たした。

 CKから2得点を演出し、90分間通して激しいファイトを見せた小笠原満男がMVPを受賞した。鹿島の主将は「選手、スタッフ、サポーターも含めて全員がMVPだと思う」と振り返った。

 36歳と大ベテランの域に入っているが、「この年齢になって見えてくるものもある」と、まだまだ老け込むつもりは全くない。

 鹿島は小笠原、本山雅志、曽ヶ端準、G大阪は遠藤保仁が黄金世代。日本サッカー史上稀に見るほど多くのタレントがこの世代に集中している。常にスポットライトを浴びてきたと思われがちだが、「僕らは悔しい思いもいっぱいしてきた」と小笠原は言う。いい時も悪い時も切磋琢磨し、36歳になっても第一線で走り続けている。

 だからこそ、「まだまだみんなで頑張りたい。ヤットも本山もそうだし(小野)伸二とかイナ(稲本潤一)とかもいるけど、活躍して刺激し合っていけるような関係でいたい」と、これからも仲間として、ライバルとして進化していく意欲を示した。

【了】

新着記事

↑top