J2史上最強の3位。福岡の2015年を振り返る

2015年12月24日(Thu)10時33分配信

text by Football LAB
Tags: , , , ,

攻撃面でのポイント

J2史上最強の3位。福岡の2015年を振り返る
大宮、磐田、福岡の5プレー以内のゴール数

 失点はこれまでに比べ大きく減ったが、得点の増加はそこまででもなく、昨季から11点増えたのみ。しかし、これまでと大きく違うのは「強み」をよりゴールに直結できるようになった点だ。

 セットプレーからのゴールは30点に達しリーグトップ。特にニアですらしてからシュートを狙うケースが多く、一瞬生まれた相手のほころびを突いた。

 セットプレー同様にクロスから5プレー以内にゴールした数もトップとなった。ワイドにポジションをとる亀川諒史、中村北斗、阿部巧らから、中原貴之もしくはウェリントンを狙ったものだ。

 クロスそのものがゴールに結び付かなくても、そのこぼれ球を拾ってすぐゴールにつなげられるようになった。高さと強さを備えるターゲットマンがいることにプラスして、周りのポジショニングの良さがこの数値を生んだ。

【次ページ】J1昇格を決めた福岡

1 2 3 4

新着記事

↑top