本田がさらなる窮地に? ミラン、次節はトップ下に“現10番”ではなく“元10番”起用か

2016年04月20日(Wed)19時40分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

本田 ボアテング
本田圭佑(左)とケビン・プリンス・ボアテング(右)【写真:Getty Images】

 クリスティアン・ブロッキ新監督体制の初戦で出場機会がなかった本田圭佑だが、さらなる窮地に立たされることになるかもしれない。伊メディア『フットボール・イタリア』が伝えている。

 前節サンプドリア戦でブロッキ監督はシニシャ・ミハイロビッチ前監督が用いてきた4-4-2ではなく4-3-1-2のフォーメーションを採用。トップ下にはジャコモ・ボナベントゥーラが起用され、本田は90分をベンチで過ごした。

 現地時間21日に行われるホームのカルピ戦では、トップ下にケビン・プリンス・ボアテングが起用され、ボナベントゥーラが3ボランチの一角を務める可能性があり、本田は再びベンチスタートになるのだという。

 現在は本田が背番号10を付けているが、以前はボアテングがミランの10番を背負っていた。

 ブロッキ体制になってからは立場が悪くなる一方の本田だが、残り5節で出場機会は得られるだろうか。

【了】

新着記事

↑top