屈強なアイルランドを翻弄したグリーズマンのしなやかさ。フランスに勝利を呼び込んだジルーとの2つの連携

今大会のEUROホスト国フランスはベスト16でアイルランドと対戦した。前半開始早々にPKで先生を許したものの、結果的には2-1と勝利を収め、ベスト8へと駒を進めた。逆転勝ちを収めたポイントは前線で躍動した2人の選手の連携だった。(文:今関飛駒)

2016年06月27日(Mon)11時10分配信

text by 今関飛駒 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

アイルランドとフランス。6年前の因縁の対決

アイルランドサポーター
先制したアイルランドだったが…【写真:Getty Images】

 フランス対アイルランド。決勝トーナメント1回戦でこの組み合わせが決まった時、多くのサポーターは2つのことが頭をよぎったことだろう。

 1つはこのカードは過去に歴史的事件を巻き起こし大きな議論を呼んだことだ。2010年W杯欧州予選プレーオフで、ティエリ・アンリの“神の手”がウィリアム・ギャラスのゴールを呼び、これがアイルランドの8年ぶりとなるW杯出場を阻んだのである。

 そしてもう1つは開催国のフランスが当然のようにアイルランドを下してベスト8に駒を進めるだろうということである。

 大手ブックメーカー『スポーティング・ベット』では、フランスの勝利は1.5倍だったのに対し、アイルランドの勝利は9.0倍だったことから、大半のサポーターはフランスの勝利を予想していたことがわかる。

 試合はフランスが2-1の勝利。フランスの勝利に賭けていた人はわずかな配当金を受け取ることになったが、試合を振り返ればフランスが楽々と突破したわけではいないことは一目瞭然だ。

 開始2分、フランスはアイルランドがキックオフと同時に仕掛けてきた猛攻に守備の対応で後手を踏み、ポール・ポグバがシェーン・ロングをエリア内で倒してPKを献上してしまう。

 ポグバが前半に犯したファウルはこの1度だけだったが、このPKをロビー・ブレイディが決めてアイルランドが先制した。ちなみにフランスがEURO本大会において開始2分で失点したのは1980年イタリア大会以来のことである。

1 2

新着記事

↑top