今関飛駒

フットボールチャンネル編集部兼ライター。得意分野はプレミアリーグとJリーグ。ニュース記事やコラムの執筆・編集、取材などを担当。最近の趣味はフットサル。Twitterは@hiko_imaz

鹿島

鹿島・昌子源も困惑した2S制。「やってる方はもういい」。勝ち点差15のCS優勝に感じた戸惑い

2016年シーズンのJリーグは、チャンピオンシップ(CS)決勝で年間勝ち点3位の鹿島アントラーズが年間勝ち点1位の浦和を下して7年ぶりの優勝を果たし、幕を閉じた。しかし、鹿島の昌子源は勝ち点差15のCS優勝という結果に戸惑いを感じていた。(取材・文:今関飛駒)

井本さん

ライセンス・井本貴史さん選出! お笑い界屈指のJリーグ通が選ぶ“もっと観たい”若手選手【編集部フォーカス】

ウェブ番組『FChan TV』とのコラボ企画。お笑いコンビ『ライセンス』の井本貴史さんが、来季のJリーグの試合でもっと観てみたい23歳以下の選手を5名選出。お笑い界屈指のJリーグ通が注目する若手選手とは?(選定:井本貴史/取材・文・構成:今関飛駒)

浦和

浦和が手にした年間1位という「価値のあるタイトル」。失速への悔しさ。10年ぶりの“真の王者”へ

浦和レッズは2ndステージ最終節で横浜FMと引き分け、年間1位の座を掴み取った。チームは年間1位を目標にシーズンを戦い続け、興梠慎三も「価値のあるタイトル」だと語っている。浦和が次に目指す目標は10年ぶりのリーグ優勝である。“真の王者”へ、イレブンに慢心はない。(取材・文:今関飛駒)

井本

ライセンス・井本貴史さんが選ぶ『J1最強チーム』。“Jリーグ芸人”が厳選するイレブンとは?【編集部フォーカス】

ウェブ番組『FChan TV』とのコラボ企画。お笑いコンビ『ライセンス』の井本貴史さんが、J1所属の選手から厳選される最強チーム“井本FC”を選出! お笑い界屈指の“Jリーグ芸人”は11人と監督に誰を選ぶのか?(選定:井本貴史/取材・文・構成:今関飛駒)

大島

大島僚太、体調不良の中で見せた浦和戦の存在感。「鬼」の風間監督と中村憲剛が見守る“新10番”の成長

川崎フロンターレは、20日に行われたJ1・2ndステージ第9節で浦和レッズと対戦。年間1位の川崎と2位の浦和による天王山だったが、アウェイの川崎が2-1の勝利を収めている。リオ五輪にも出場していた大島僚太は帰国後にインフルエンザを発症して欠場が危ぶまれていたが、見事なプレーで勝利に貢献した。今季から背番号10を背負う大島に、風間八宏監督と主将の中村憲剛は確かな成長を感じている。(取材・文:今関飛駒)

フッキ

フッキ、3度の大型移籍でJリーグに2億6000万円の恩恵。若手外国人選手獲得におけるモデルケースに

ブラジル代表FWフッキは、中国スーパーリーグの上海上港にアジア史上最高額の移籍金で移籍した。生涯移籍金ランキング世界3位のフッキだが、「連帯貢献金」という形で日本サッカーに大きな恩恵を残している。フッキの移籍は、今後の日本サッカーの若手外国人選手獲得におけるひとつのモデルケースとなるかもしれない。(文:今関飛駒)

鹿島

鹿島が示した勝者のメンタリティ。主将・小笠原満男が積み上げた土台と、土居聖真が担う未来

鹿島アントラーズは、25日に行われたアビスパ福岡との試合に勝利し、1stステージ優勝を決めた。これまで数々のタイトルを獲得したきたキャプテンの小笠原満男は、この優勝に満足することなく、さらなる勝利を求めている。また、土居聖真はクラブの伝統を受け継ぐ存在となりそうだ。
(取材・文:今関飛駒)

アントワーヌ・グリーズマン

屈強なアイルランドを翻弄したグリーズマンのしなやかさ。フランスに勝利を呼び込んだジルーとの2つの連携

今大会のEUROホスト国フランスはベスト16でアイルランドと対戦した。前半開始早々にPKで先生を許したものの、結果的には2-1と勝利を収め、ベスト8へと駒を進めた。逆転勝ちを収めたポイントは前線で躍動した2人の選手の連携だった。(文:今関飛駒)

20160621_materazzi_fch

元インテルのマテラッツィ、長友は「最高の選手。人としても大好き」。5回目の来日を堪能【独占取材】

インテルの公式旅行代理店を務める株式会社エス・ティー・ワールド本社に元イタリア代表のマルコ・マテラッツィが訪れた。かつてインテルで日本代表DF長友佑都とともにプレーした長身DFは、日本という国をすっかり気に入ったようだ。元同僚の長友については、「礼儀正しく、感じの良い選手だ」と印象を語っている。
(取材・文:今関飛駒/通訳:浜川絵理)

ホジソン

イングランド、同国ウェールズ相手に覆した恐怖のデータ。“史上初の逆転劇”を呼んだ指揮官の決断

同じ“イギリス”であるイングランド対ウェールズは、今大会のEUROで大きな注目を集めた一戦だっただろう。ガレス・ベイルにFKを沈められたイングランドは、不吉なデータとともに前半戦を終える。しかし、指揮官の決断が“史上初の逆転劇”を呼び込んだのである。

岡崎

岡崎慎司がもたらした知られざる経済効果。中学時代を過ごした街クラブに1300万円を生む『連帯貢献金』とは

日本代表の岡崎慎司は、レスター・シティで奇跡のリーグ優勝を遂げ、世界中のサッカーファンに感動を与えた。しかし、岡崎が日本に与えたのはそれだけではない。岡崎がマインツからレスターに移籍したことで、日本サッカーに知られざる経済効果をもたらしているのである。
(取材・文:今関飛駒)

コンテ

チェルシー、王者の風格失せた惨憺たる1年。コンテ新監督のもと来季はゼロからの再出発【15/16シーズン査定】

2015/16シーズンも各国リーグで最終節を終え、シーズン終幕を迎えた。タイトル獲得や昨季からの巻き返しなど様々な思惑を抱えていた各クラブだが、その戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。今回はチェルシーを振り返る。

巻

ロアッソが願う熊本の復興。故郷への思い、敗戦の悔しさ、古巣・千葉からの愛情…巻誠一郎が浮かべた涙

震災によって試合中断を余儀なくされていたロアッソ熊本は、15日の千葉戦でおよそ1ヶ月ぶりの試合再開を果たした。試合には敗れてしまったが、ロアッソの選手、そしてサポーターは熊本復興への願いを全国に示した。試合後、故郷への思い、敗戦への悔しさ、そして古巣・千葉からの愛情について語った巻誠一郎の目には、涙が浮かべられていた。
(取材・文:今関飛駒)

平川

浦和、再び栄光の時代は訪れるか。“あの頃”を知る唯一のベテランが実感した成長と攻撃陣が語る守備の充実

浦和レッズは、2006年のJリーグ優勝、2007年のACL優勝を最後に主要タイトルから8年間遠ざかっている。その2年間を知る唯一の選手である平川忠亮は、当時と今のチームとの共通点はないと語っているが、着実に成長していることを実感しているようだ。そして、その成長のひとつとして攻撃陣が守備への充実を口にしている。浦和に“栄光の時代”が再び訪れることはあるのだろうか。
(取材・文:今関飛駒)

新着記事

↑top