ミゲル・ロドリゴ前日本代表監督、フットサル・タイ代表監督に就任。9月のW杯でマジック披露か

2009年から今年2月までフットサル日本代表監督を務め、日本を2度のアジア王者に導いたミゲル・ロドリゴ氏が、フットサル・タイ代表の監督に就任した。8日、新監督到着後の初練習を前にバンコクで記者会見が行われ、ミゲル監督が意気込みなどを語った。ミゲル・マジックはタイでも見られるのか。目前に迫ったワールドカップへ向け、期待が高まっている。(取材・文:長沢正博【バンコク】)

2016年07月16日(Sat)10時01分配信

text by 長沢正博 photo Masahiro Nagasawa
Tags: , , , , ,

目標はワールドカップのグループステージ突破

練習前、コーチ陣に指示を出すミゲル・ロドリゴ監督
練習前、コーチ陣に指示を出すミゲル・ロドリゴ監督【写真:長沢正博】

 タイは2月にウズベキスタンで行われたAFCフットサル選手権で3位に入り、9月10日からコロンビアで開催されるワールドカップへの出場を決めている。一方、日本は出場権が得られる5位以内に入れず、大会後、ミゲル氏は日本代表監督から退任していた。

 タイは2012年からオランダ人のビクトル・ヘルマン監督が指揮を執っていた。だが2月、タイサッカー協会の新会長にソムヨット・プンパンムアン前警察長官が就任すると、前体制下でのヘルマン監督との契約内容の見直しも進められ、協会側の発表によると新たな契約が合意に至らず、ワールドカップまでの時間も考慮して監督交代に踏み切ったという。

 本大会のグループステージでタイはロシア、キューバ、エジプトとともにグループBに入っている。ミゲル監督は「目標はグループステージの突破。できることなら、ベスト8に進みたい。そのためには、タイはこれまでで最高の試合をしなければならないだろう。タイを世界のトップレベルに押し上げたい」と意気込む。

 2012年のAFCフットサル選手権決勝も含め、かつて日本代表を率いてタイとは幾度も対戦してきた。ミゲル監督は「(日本代表監督時代の)7年間でタイとは何度も戦っており、負けることもあったし、勝つこともあった。対戦相手として長所も短所も知っている。タイには創造性にあふれた素晴らしい選手たちがいる。日本以上だろう」と高く評価する。

1 2

新着記事

FChan TV

↑top