長沢正博

1981年東京生まれ。大学時代、毎日新聞で学生記者を経験し、卒業後、ウェブ制作会社勤務などを経てフリーライターに。2012年からタイ・バンコク在住。週末は主にバンコク近郊でのサッカー観戦に費やしている。

アジア

今すぐJリーグに呼ぶべきアジアの新星は誰か? 各国に精通する記者が若手有望株を厳選【編集部フォーカス】

今年、Jリーグにはタイから5人の有力選手たちが送り込まれ、そしてピッチの上で数字を残している。ならば、彼らに続く新星は誰なのか。アジア各国から厳選した若手有望株を紹介したい。『アジアフットボール批評 special issue07』(10月15日発売)から一部抜粋。(文:植松久隆、長沢正博、宇佐美淳)

171221_thai_getty

タイサッカーで八百長疑惑発覚。長年囁かれてきた暗部の一掃なるか

今年11月、タイサッカー界が大きなスキャンダルに見舞われた。トップリーグの選手、審判らを含めた八百長疑惑が発覚したのだ。リーグ戦が終わり、残すはカップ戦決勝というタイミングで明らかになった事件。当時は連日、メディアをにぎわす事態に発展した。いったい何が起こったのか、現地からリポートする。(取材・文:長沢正博【バンコク】)

霜田正浩

本当だった霜田氏招聘案。タイ代表新監督をめぐる混乱と日本人指導者擁立の理由

4月26日、タイサッカー協会はタイ代表の新しい監督として、セルビア人のミロヴァン・ライェヴァツ氏の就任を発表した。途中、幾人もの日本人候補者の名前も挙がった中、タイはガーナ代表監督として南アフリカワールドカップでベスト8に進出するなど、経験豊富な指揮官に代表を託した。前監督の突然の辞任劇の裏で何が起き、新監督選出に至るまでどんな経緯をたどったのか追った。(文:長沢正博【バンコク】)

スズキカップ

W杯を超える!? 国王も注目、東南アジアサッカー「スズキカップ」の熱狂

現在、フィリピンとミャンマーで東南アジアサッカー選手権大会(AFFスズキカップ)が開催されている。2年に一度開催されるこの大会は、その名の通り東南アジアの代表チームのみが参加する。1試合ごとに大きな注目を集め、その熱狂はW杯をも凌ぐのではないかと言われている。現地記者がその熱狂に迫る。(取材・文:長沢正博【バンコク】)

シャリル・シャプイ

日本の次戦は急成長のタイ代表。特徴と攻略ポイントを現地記者が分析

9月1日からいよいよ始まった2018年のロシアW杯へ向けたアジア最終予選。初戦を落とした日本は、6日にアウェイでタイと激突する。近年躍進する東南アジアの雄はどのような戦いを挑んでくるのか。注目のメンバーなどを紹介したい。(取材・文:長沢正博【バンコク】)

練習前、コーチ陣に指示を出すミゲル・ロドリゴ監督

ミゲル・ロドリゴ前日本代表監督、フットサル・タイ代表監督に就任。9月のW杯でマジック披露か

2009年から今年2月までフットサル日本代表監督を務め、日本を2度のアジア王者に導いたミゲル・ロドリゴ氏が、フットサル・タイ代表の監督に就任した。8日、新監督到着後の初練習を前にバンコクで記者会見が行われ、ミゲル監督が意気込みなどを語った。ミゲル・マジックはタイでも見られるのか。目前に迫ったワールドカップへ向け、期待が高まっている。(取材・文:長沢正博【バンコク】)

アフシン・ゴトビ

【現地レポート】捲土重来を期す元清水・ゴトビ氏。タイ・ブリーラム新監督として描くビジョン

2011年から14年のシーズン途中までJリーグの清水エスパルスで指揮を執ったアフシン・ゴトビ氏が、リーグ3連覇中のタイの強豪ブリーラムユナイテッドの監督に就任した。今季調子を崩すチームにあって、かつて韓国代表アシスタントコーチやイラン代表監督も務めた彼の手腕にかかる期待は大きい。ゴトビ監督の初戦を取材した。(取材・文:長沢正博【バンコク】)

岡崎慎司

岡崎慎司が語るレスター強さの“秘訣”。タイ凱旋も気持ち引き締め「来季も足下見て力出し切る」

下馬評を覆し、プレミアリーグを制したレスター。シーズン終了後、オーナーの地元であるタイへ凱旋、地元メディア・ファンが殺到した。岡崎慎司も取材に応じ、今季優勝できた要因を語りつつも、うかれる様子はなく来季へ向け全力プレーを誓った。(取材・文:長沢正博【バンコク】)

20160407_thai3

経済から見るタイサッカー。景気低迷も代表には勢い、アセアン利用し新たな局面へ

3月24日にイランで行われた2018年のロシアW杯アジア2次予選、タイはイラクと2対2で引き分け、F組1位を確定。実に、2002年日韓ワールドカップの予選以来となる、最終予選進出を決めた。活躍する代表以外にも、タイサッカーは様々な面で新たな局面を迎えようとしている。(文:長沢正博【タイ】)

五輪予選へ向け戦力充実のタイU-23代表。日本と同組の“伏兵”に寄せられるサプライズの期待

五輪予選へ向け戦力充実のタイU-23代表。日本と同組の“伏兵”に寄せられるサプライズの期待

12月29日、リオ五輪の予選も兼ねて1月12日からカタールで行われるAFC U-23選手権に向けた23名のタイ代表が発表された。その中には、W杯2次予選でF組首位を走るA代表のメンバーが多数選出されている。タイはサウジアラビア、北朝鮮、日本という強豪ぞろいのB組に入ったが、1968年のメキシコ大会以来約半世紀ぶりとなる五輪出場へ向けて、活躍が期待されている。

若い世代が台頭するタイ代表、目指すはアジア最終予選。かつての名選手の下で復権なるか

若い世代が台頭するタイ代表、目指すはアジア最終予選。かつての名選手の下で復権なるか

先日行われた2018年のロシアW杯アジア2次予選兼2019年アジアカップ予選の組み合わせ抽選で、タイはイラク、ベトナム、インドネシア、台湾と共にグループFに入った。タイにとっては近隣国が多く、レベルから見ても比較的恵まれたグループと言え、3次予選進出へ期待が高まっている。

20140723_Teerasil

“タイの至宝”がリーガ・エスパニョーラに挑戦。昨季残留を果たしたアルメリアでタイ人選手の扉を開くか

“タイの至宝”と言われるテラシル・デーンダがアルメリアにレンタル移籍する。日本人選手も成功したとは言い難いリーガ・エスパニョーラへの挑戦だが、活躍次第ではタイ人選手の扉を開く可能性もある。

軍事政権下のタイ、民心掌握のためW杯を強引に無料放送。日本代表ユニフォームを着る若者の姿も

軍事政権下のタイ、民心掌握のためW杯を強引に無料放送。日本代表ユニフォームを着る若者の姿も

いよいよ開幕したブラジルW杯。惜しくも日本は初戦のコートジボワール戦で敗れたが、5月22日のクーデター以降、軍事政権下にあるタイでも様々な面でW杯は盛り上がりを見せている。

就任はなんと開幕1週間前。弱冠29歳、タイプレミアリーグで奮闘する日本人GM

就任はなんと開幕1週間前。弱冠29歳、タイプレミアリーグで奮闘する日本人GM

今季、タイでは60名近くの日本人選手がプレーしている。また、元ヴィッセル神戸監督の和田昌裕氏がチョンブリFCの監督に就任するなど、指導者においても日本人の活躍の場が広がっている。それだけでなく、ゼネラル・マネージャー(GM)としてフロントの場で奮闘する日本人もいる。

電通が次に仕掛けるアジア戦略。日本サッカー底上げのカギ握る、アジアのスポーツビジネスに迫る

電通が次に仕掛けるアジア戦略。日本サッカー底上げのカギ握る、アジアのスポーツビジネスに迫る

新興国を中心に経済成長の熱気に沸くアジア。それはスポーツの世界も例外ではない。今回は、シンガポールにある電通スポーツアジアの森村國仁社長兼CEOにアジアでのスポーツビジネスをめぐって話を聞いた。

新着記事

FChan TV

↑top