日本代表に“中東の笛”の洗礼。UAE戦のカタール人主審がゴールを見逃す大誤審

2016年09月01日(Thu)21時38分配信

photo Dan Orowitz
Tags: , , , , , ,

20160901_uae_dan
アブドゥルラフマン主審に執拗に抗議するUAEの選手たち【写真:ダン・オロウィッツ】

 日本代表は1日、ロシアW杯アジア最終予選でUAE代表と対戦し1-2で敗れた。

 UAEに1-2でリードされて迎えた後半の77分、試合の流れを左右する明らかな誤審があった。

 日本は右サイドからクロスを上げ、ペナルティエリア中央で本田圭佑がヘディングする。そのこぼれ球を浅野拓磨が押し込んだ。しかし、渾身のシュートはGKに掻き出されノーゴールの判定に。リプレイ映像を見る限りボールは完全にゴールラインを割っていたが、アル・ジャシーム・アブドゥルラフマン主審はゴールを認めなかった。

 他にもUAE代表選手の明らかなファウルを日本のファウルと判定したり、宇佐美貴史のドリブル突破をペナルティエリア内で阻止したプレーを見逃したり、UAEの不必要で執拗な抗議に対してお咎めがないなど、カタール人のアブドゥルラフマン主審には不可解な判定が多かった。

 これだけですべてが日本に不利な判定と断じることはできないが、いわゆる“中東の笛”の存在を疑うには十分な試合となってしまった。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top