セリエ得点王ゼコ、W杯予選で相手選手を”パンツ丸出し”にして退場

2016年11月14日(Mon)8時42分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

エディン・ゼコ
ボスニア・ヘルツェゴビナ代表のエディン・ゼコ【写真:Getty Images】

 ローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコは、ロシアW杯欧州予選の試合で相手選手のユニフォームの短パンを引っ張り、“パンツ丸出し“にしたことで退場処分を命じられた。13日付の伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

 今季セリエAでは好調を維持し、すでに10ゴールを挙げて得点ランク首位タイに立っているゼコ。ボスニア代表でもエースを務めるストライカーは、現地時間13日に行われたアウェイでのギリシャ戦に臨んだ。

 試合は前半に決まったオウンゴールでボスニアが1点をリードしていたが、残り15分を切ったところで騒動が発生。ファウルを受けて転倒したゼコがボールを抱えると、同点ゴールを狙うためプレー再開を急ぎたいギリシャは、ボルシア・ドルトムントのDFソクラティス・パパスタソプーロスがボールを奪い取った。

 ゼコもこれに対抗して倒れたままの姿勢からパパスタソープロスの足を掴み、さらにユニフォームの短パンを引きずり下ろしてパンツ姿にさせてしまう。ゼコがそこから立ち上がると、短パンを下げられて両足の自由がきかないパパスタソプーロスはバランスを崩して転倒してしまった。このプレーに対してゼコはイエローカードを提示され、2枚目のカードにより退場となった。

 その後の混乱の中でDFキリアコス・パパドプーロスも退場処分を受け、両チームとも10人に。試合はギリシャが後半アディショナルタイムに同点ゴールを奪い、1-1のドローに終わっている。

【了】

新着記事

↑top